FC2ブログ

龍刻(龍紋)

お馴染みの明治印譜です。
龍紋(龍刻) 開運印鑑

今回は久しぶりに龍刻(龍紋)の印鑑を紹介させていただきます。
龍紋(龍刻) 開運印鑑

龍は実在する動物ではありませんが、霊獣と呼ばれ頭は駱駝(ラクダ)、角は鹿、目は兎、蛇の首に鯉の鱗などを組み合せた

想像上の動物で、吉祥文様として皇帝の衣装や宮廷の器に用いられました。

ですので、龍の文様をあしらった印鑑を「開運印鑑」と呼ぶのでしたら問題ないと考えますが、そこに彫られる文字は

伝統的な書体である必要があります。

龍紋(龍刻) 開運印鑑

上は篆書体、でこちらは隷書体です。

明治時代は(丸型より少なかったとはいえ)個人の角印もありました。

龍紋(龍刻) 開運印鑑

こちらは小判型にうまく龍をあしらった印鑑です。

伝統文字で彫られた開運印鑑ですね。

明治時代の印章文化は、本当に素晴らしいです。

ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR