FC2ブログ

印鑑の上下のしるしについて

タイトルに違和感がある人は多いと思います。

正式には印鑑ではないですよね。

それにつきましてはトップページまたはこちら→印鑑と印章をお読み下さい。

今回も前回同様、「自分では当たり前と思っていた事でも、お客様には当たり前ではなかった」についてですが、

これも同じく「前にも書きましたが改めて紹介」で、今回はハンコの上下のしるしについてです。

まずはこちらをご覧下さい。

印鑑 上下のしるし

これは東京印章協同組合の昭和47年の印章カタログから、実印紹介のページを撮影したものです。

まず初めに答えを言ってしまった様なものですが、左ページの分も含めて全て上下のしるしが付いていますよね。

しかし今は巷で実印を注文すると上下のしるし有無は聞かれず、無条件でしるし無しににされる事が多いです。

その理由として

ハンコ(特に実印)を捺す時は重要な時だから、しるしを頼りにして簡単に捺すのではなく、印面を見てしっかり確認して

捺す事が重要です。

そして、一息ついている時に「この書類に本当に捺印していいのか、考える時間的余裕をもって捺す事が重要です」

などといいう説明がされます。  (もう一つありますが、それは後半に)

この様な説明を受けますと大抵の人が「なるほど!」と納得してしまうのではないでしょうか。

上の写真でわかると思いますが、昔のハンコは大抵上下のしるしが付いていた事をまずは知っておいて下さい。

そして、「重要な書類に捺印する時は印面を見て・・・」という話、これは昭和40年代以降に印相屋さんが盛んに宣伝した

セールストークという事をお伝え致します。

(印相屋さんとは、今でいう開運印鑑販売店の事です)

「セールストークのどこがいけないの? 注意喚起をしてくれていい事じゃないですか!」と思う人も多いと思います。

でも、これってよく考えるとおかしな話なのです。

①上下のしるし付きの印鑑を使っていた昔の人は、注意散漫で大切な実印を軽い気持ちで捺していたのでしょうか?

そんな訳ありませんよね。

②上下のしるしを見て一息ついてよく考える? 

大切な書類に逆さまに捺印してしまったらみっともないですので、一息つく余裕より、ハンコに意識を集中させますよね。

一息つくどころか、一時とはいえ書類の重要性から頭が離れ、ハンコの上下を確かめるという作業に気持ちを集中

させなければいけません。

一方、ハンコに上下のしるしが付いていれば、余計な作業をせず書類の重要性に集中して捺印出来ます。

ぜひ①と併せてこの事を考えてみて下さい。

重要な書類に捺印する際に、わざと不便なハンコを使うなんて、おかしいと思いませんか?

という事は、サインが主流の欧米では、気軽にサインしてしまわないよう、わざと使いづらいペンを用いているのでしょうか?

そもそも、印相屋さんが昭和40年代にハンコの買い替えを促す為に考えたセールストークにのせられてしまうのって

嫌だと思いませんか?

(誤解しないでいただきたい点がありますので、それは最後に)


一つの資料だけですと「たまたまでしょ?」と勘繰られてしまうかも知れませんので、もう一つ資料を。

印判用品綜合カタログ 印相体上下のしるしと開運印鑑

これは東日本印判用品商工組合が昭和49年に発行した印判用品綜合カタログの印材紹介のはじめのページです。

向かって右側は象嵌(ぞうがん)がほどこされたものですので上下のしるしはありませんが、左のページは上下のしるしである「丹」が

全て付いた印材です。

仮に「印鑑(実印)は大切な書類に捺すものなので、上下のしるしは無い方がいい」という慣習がきちんとした話であるなら

印章協同組合や印判用品商工組合がカタログに大きく載せるでしょうか?

(カタログ内の印材は象嵌など例外を除き、ほとんどに上下のしるしが付いています)

上下のしるしで、長方形の金属を埋めたしるしを丹(たん)といいます。

これは印判用品綜合カタログによりますと、短冊から「たん」と呼ばれるようになったとの事です。

(現在は「短」ではなく「丹」と呼ばれています)

また、削ったタイプのしるしは「当たり」「指型」「さぐり」などと呼ばれています。

明確な規定はありませんが、印材のランクとしては(象嵌などの例外を除き)上から丹入り、当たり付き、無地(しるし無し)

として扱われてきました。

ここで誤解しないでいただきたい事は、しるし無しがいけないのか?という事ですが、印相体の様に存在そのものがいけない

訳ではありません。

高級印材である象嵌で文様がある印材の多くが上下のしるしはありませんし、

上に書きました①と②の話を踏まえた上でしるし無し(無地)を選ぶのは問題ありません。

最後に

今の実印の上下のしるしが無いもう一つの理由は・・・

印相屋さんの古典的なセールストークの一つに「ハンコは自分の体だから、傷を付けない方がいい」 という話があるからです。

これはしるしを傷と悪意ある言葉で表現している時点で、「おかしい」と感じる人も居ると思います。

(上下のしるしと傷は明らかに別物ですよね)

ハンコは大切なもので、印影は契約締結などの手段になりますので、比喩として「自分の分身」に例えられる事はありますが

ハンコ本体(印章)を御神体みたいに自分の体に例える言い伝えはありません。

そのそも昔の印鑑は、現在のように円柱型というものは少なく、多くの印鑑は装飾がほどこされたものだったのです。

印判用品綜合カタログ 印相体上下のしるしと開運印鑑

これは上で紹介した印判用品綜合カタログから明治時代の印章カタログのページを写したものですが

昔の実印はこんな形で、円柱型は少なく装飾があり、鈕(ちゅう)というつまみが付いているものも多々ありました。

鈕は主に動物の形が用いられましたが、想像上の動物や瓦の形のものもありました。

これでわかると思いますが、ハンコが自分の体である訳がありません。

仮に「自分の体」であるなら、鈕は動物ではなく、人の形をしているはずです。


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR