FC2ブログ

明治時代の手彫り印鑑

またいつもと同じタイトルになりました。

「何でいつも明治時代ばかりなのですか?」 と言われてしまいそうですが、所蔵する資料で一番多いのが明治時代の

印譜だからです。

明治時代の手彫り印鑑

今回はこの印譜から。

明治時代の手彫り印鑑

正統派印篆+明治時代に多かった太枠(中輪)です。

今はめっきり少なくなってしまった作風ですが、素晴らしいものです。

明治時代の手彫り印鑑

三文字でも違和感なく字配り出来るのが、篆書体のいいところです。

これが仮に楷書体でしたら無理が生じますよね。

明治時代の手彫り印鑑

こちらは印譜ではなく大正時代の印章カタログよりダルマ印(なつめ印・坪付き印)です。

明治になり庶民が印章を使うようになってから普及した、当時としては一般的な形です。

今より装飾性が高く、当然ですが1本1本手彫りで、大切に扱われていたようです。

明治時代の手彫り印鑑

「近いうち」と公言してしまうと、約束を実行出来ないストレスが溜まってしまいますので、「いずれ」としておきますが

ダルマ印を別の角度から紹介させていただきます。

いずれですが・・・



プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR