FC2ブログ

手彫りゴム印

今回は大正時代の手彫りゴム印々譜からです。

手彫りゴム印  印相体 吉相体

今回は向かって右側のページを紹介させていただきますが、遠目で見た感じでも素晴らしいものという事がわかると思います。

手彫りゴム印  印相体 吉相体

パソコンフォントでは絶対に無い作風で「素晴らしい」という言葉に尽きます。

手彫りゴム印  印相体 吉相体

「古き良き時代」という言葉は最近使われ過ぎている感じがしますが、それでもまさにこれは「古き良き時代」の

ゴム印と言えるのではないでしょうか。

手彫りゴム印  印相体 吉相体

------------------------------------------------------

お正月気分はとうに過ぎましたが、冬季休暇中に行った写真を少々。

田舎 印相体

向かった先はいつもと同じ茨城県の筑波山北側ですが、日の出の頃に着くよういつもより早く出発してみました。

田舎 印相体

これは霞ケ浦方面を北から東へ撮影したものです。

山 印相体

中央に見える山は、いつもの定点撮影ポイントで正面に写っている山です。

今回は近くの山の頂上付近のお気に入りスポットから撮影してみました。

もちろん足は車です。

長屋門 田舎 印相体

付近の長屋門です。

茅葺屋根 田舎 印相体

二つ下の写真のお寺の門ですが、この門は室町時代のものらしいです。

本堂は残念ながら壊れてしまっております (本堂は室町時代ではないようです)

篆書 田舎 印相体

明治40年建立の石碑から。

寺損壊 印相体

このお寺を含め、実は石碑と長屋門以外はブログ再登場です。


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR