FC2ブログ

江戸時代の黒印

遅い挨拶になってしまいましたが、あけましておめでとうございます。

今回は久し振りに江戸時代の印影を紹介させていただきます。

江戸時代の黒印 印相体 吉相体 開運印鑑 篆書体

これは多分今まで紹介していなかったと思いますが、当店の書庫に隠れる様に折り畳まれていてて気付かなかったものです。

(と思っておりますが、既出でしたら記憶違いですみません)

江戸時代の黒印 印相体 吉相体 開運印鑑 篆書体

中央の折り畳み線を境に、天地が逆になっている古文書です。

江戸時代の黒印 印相体 吉相体 開運印鑑 篆書体

解読まではごめんなさい。

という事で、どの様な古文書なのかはわかりませんが、捺されている印鑑が大きなものですので、重要な文章ではないかと

希望的観測で思っております。


江戸時代の黒印 印相体 吉相体 開運印鑑 篆書体

細輪(枠)に細目の印篆、二文字の四方が枠に接するか否か(実際は僅かに離れています)の正統派の字配りです。

これを一概に「正統派」と言ってしまうとカドが立つかも知れませんので表現を変えますと、実印の最高の見本とされる

日本銀行「総裁之印」風とという意味です。

「お札の総裁之印は四方が枠に付いているから、僅かでも離れているこれは違うんじゃないですか?」というご意見も

あるかと思いますが、四点が接していても僅かに離れていても印面全体の作風としては同じ部類になります。

何と言っても、日本銀行総裁之印も、実は時代により離れている作風もあるのです。

日本銀行総裁之印について、興味がある人にはアッと驚くお話もありますので、それはいずれ・・・

(興味が無い方には「それがどうしたの?」という話ですが)

江戸時代の黒印 印相体 吉相体 開運印鑑 篆書体


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR