FC2ブログ

明治初期の手彫り印鑑

もう何度も紹介している明治初期の印譜です。

恐らく江戸末期からの記録だと思います。

明治初期の印譜 印相体 開運印鑑 吉相体 篆書体

今回の紹介はこれです。

明治初期の印譜 印相体 開運印鑑 吉相体 篆書体

どっしりとした太枠に細篆書体。

この様な太枠ですと耐久性は抜群で、長年使用する神社の社務所印にはぴったりです。

しかし、耐久性を考え、何でもかんでも太枠にすればいいってものではありません。

篆書体だからこそ文字を細くする事が可能で出来るのです。

(枠も文字も両方とも太かったら、印影に締まりが出ません)

一見粗雑に見える彫刻も、「この線はどうしてこういう風に曲げたのか?」とか「社の土はどうして肩下がりにしたのか?」など、

明治初期の印判師がどういう考えでこの様な作風にしたのかを推測するのも、古い印譜を見る楽しみの一つです。



ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR