FC2ブログ

手彫り印鑑の彫刻工程写真

今回は古い印影ではなく、手彫り印鑑の彫刻工程写真を久しぶりに紹介させていただきます。

実はこのコーナー、不思議な事に、お客様からは評判が良い反面、同業者さんからの評判は悪いコーナーです。

その理由は後半をお読みいただければわかると思います。

写真を紹介する前に、ブログ掲載をご承諾いただきましたお客様に心より御礼申し上げます。

手彫り印鑑 篆書体 印相体 吉相体 開運印鑑

書体や文字数により字配りが変わりますので、それに合わせて字割り線を引いて、逆さ文字を手書きします。

(手書き文字を転写する方法も手彫りとして認められており、転写させていただく場合もあります)

手彫り印鑑 篆書体 印相体 吉相体 開運印鑑

墨で書いた後に、朱墨で修正しながら、進めていきます。

手彫り印鑑 篆書体 印相体 吉相体 開運印鑑

字入れが済みましたら荒彫りです。

もちろん例外はありますが、枠取りから彫り始めるのが基本です。

手彫り印鑑 篆書体 印相体 吉相体 開運印鑑

文字の周りから丁寧に古来の道具だけで手彫りする光景、これこそ手彫り印鑑の醍醐味です。

手彫り印鑑 篆書体 印相体 吉相体 開運印鑑

荒彫りも後半になると、印章らしさが見えてきます。

手彫り印鑑 篆書体 印相体 吉相体 開運印鑑

凹凸の深さを出す荒彫りが終了したら、印面を整えて仕上げです。

試し押しなどをすれば完成です。

・インターネット上で「手彫り印鑑」として販売されている印鑑のまず99.9%は手彫りされていません。

・彫ってしまった後で手彫りされたものか否かを判別するのは困難です。

・ですので、手彫り印鑑を注文する際は、必ずこのページの様な彫刻工程写真を依頼しましょう。

「『写真撮って下さい』とは、とても言いづらい」という方でも心配ご不要です。

心配な方は是非こちら→正真正銘の手彫り印鑑 をご覧下さい。

とりあえず手彫りの写真を撮ってもらえるかの確認をしたい場合は、柘の法人用印鑑で

「写真撮っていただけますか?」と問い合わせしてみる事です。

(個人用のご注文でも、問い合わせから入る方は、まずは法人用で問い合わせしてみましょう)

ポイントは象牙ではなく柘です。

文字数が多い(=大変手間が掛かる)苦労をお客様にわかっていただけ、更に写真をプレゼントすれば

お客様も喜ぶという一石二鳥の得があるので、歓迎されると思いますよ。

本当に手彫りをしているお店であればですけどね。

「ポイントは象牙ではなく柘」とした理由は、写真の手間は象牙でも柘でも同じだからです。

仮に「象牙なら写真撮るけど柘は撮らない」なんて言われたらおかしな事ですよね。

「個人用でなく法人用」と書いた理由は、法人用の印鑑で本当の手彫りをしているお店(ネットショップ)はほとんど無いからです。

買い物が出来るインターネット印章店サイトで、法人用の回文と呼ばれる作風を正真正銘の手彫りしているお店は

多分当店だけだと思います。 (記事を書いた時点での話です)


「手彫り? もちろんできるよ。  やろうと思えば・・・」 というのではなく、ネット通販サイトの法人用手彫り印鑑

として堂々と販売されている商品の中から、本当に手彫りをしているお店という意味です。

「やろうと思えばやるよ」という言葉は、「普段はやっていないけど・・・」という言葉が隠れています。

高価な「手彫り印鑑」を注文する際は、石橋を叩いて渡るぐらいお店選びは慎重になって下さい。

まずは写真の問い合わせからです。





   手彫り印鑑の注文をご検討のお客様へ (免責事項)

 当店では手彫り印鑑をご注文いただきました全てのお客様へ、彫刻途中の写真を差し上げております。

 ホームページ上で紹介している写真は、写りが良いものを選んだ上でお客様のご承諾をいただき掲載

 しているものです。

 写真は素人撮影ですので、写り具合の悪い場合やデータの損失、またはうっかり撮り忘れも有り得ます。

 (写真を差し上げるサービスを行ってから撮り忘れは一度もありません)

 これらの理由により写真を差し上げられない場合でも、間違い無く手彫りを行っております。

 その為、写りの悪い場合や、写真そのものが差し上げられない場合でも、返金等は出来ません事を

 ご理解下さいませ。

 (写真の写りの悪さ、及び差し上げられない場合差し上げられない事は免責とさせていただいております)

 尚、当店の彫刻方法は「手彫り」と「手仕上げ」の彫刻方法でお承りさせていただいておりますが

 写真サービスは手彫り印鑑のみとなります。




ブログ編集者

-----------------------------------------------------------

週末は恒例の郊外です。

毎週行ける訳ではなく、次週の土日は蔵書印まつりという「篆刻手彫り体験イベント」が神田神保町で開催され、

私は実行委員なので(郊外へ)行くのは無理です。

なので、今日は少々体調が完全ではありませんでしたが、リフレッシュで行ってきました。

自然

毎回同じ場所で撮っている1枚です。

場所は同じでも、田んぼの稲はすっかり刈られて、そろそろ秋の気配に近づいてきました。

高い山も、イワナやヤマメが居る清流もありませんが、ほとんど渋滞にも遭わないで行けるこの場所が私は大好きです。

(茨城県の筑波山より若干北の辺りです)

自然

壮大な景色のはずだったのですが、私が撮ると実に平凡な写真になってしまいますね。

自然


自然

これらは私が管理している椿(上)と柚子です。

「私が育てている」ではなく、「管理している」と書いている理由は、素人丸出しの剪定以外はほったらかしにしているからです。

柚子は摘果(間引き)をしたので、昨年よりは大粒になりましたが、それでも小さいまま黄色くなり掛けています。

来年は陰になる木の枝を伐採して、日当たりを良くしてみようかと考えています。

古民家

ところ変わって、こちらは3キロ位離れた、山の麓にある小さな集落です。

建物は20棟以上ありますが、恐らく10世帯ぐらいの集落です。

全く観光地化されておらず、江戸か明治時代にでも戻ってしまったかの様な雰囲気が好きで、たまに来ます。

もちろん農機具は現代のもので、電気も通っている場所ですが、東京から1時間半位で来られる場所なのに

時代が止まってしまったかの様な雰囲気が味わえる場所、そんなところが大好きで、たまに来ます。

古民家

これは木製車輪の大八車でしょうか?

時代劇に出てきそうな農機具が沢山あります。

古民家

棟木というのでしょうか?それとも敷桁とでも言うのでしょうか?、私は建築に詳しくありませんので正確な名称は

わかりませんが、こちらの家は屋根の三角の下の部分に大黒様が書かれております。

立体的でしたので、漆喰で書かれたのでしょうか。

寺

この集落のシンボル的なお寺です。

寺

このお寺は1200年前からだそうです。

この建物はその後再建されたものでしょうが、この集落は結構急な斜面にある集落です。

建材を運ぶトラックや持ち上げる重機、電動工具の無い時代に、よくこんな急斜面に集落やお寺を創ったものですね。

道だって当時は舗装などされていませんし・・・

扁額は見当たりませんでしたが「時間が止まってしまったような集落」、素敵ですよ。



プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR