FC2ブログ

開運印鑑? (御朱印)

いきなり変なタイトルですみません。

2回連続で印相屋さんを挑発する内容ですが、昔の御朱印を見ていたら目にとまったので、つい。

御朱印 開運印鑑

戦前の御朱印で、今日はこれを紹介。

こうやってランダムで紹介していると、またどれをブログに紹介したかわからなくなってしまいますが、この事も前回書きましたね。

御朱印 開運印鑑

京都のお寺ですね。

御朱印 開運印鑑

開運 吒枳尼天・・・

御朱印に「開運」という文字、これぞ開運印鑑じゃないですか?と思って胸を躍らせた方、印相屋さん。

まあ、印鑑に「開運」と書かれているので、これは今なら開運印鑑といってもいいと思います。

しかし、この時代、「開運印鑑」など無かったのです。

単なる呼び名の問題から説明しますが、印鑑とは印影の事で、ハンコ本体は印章と言います。(ブログのトップページ参照)

ですので、そもそも開運印鑑など、この時代はありませんでした。

まあ、呼び名は「名前」ですので、肝心な書体や作風を説明しますと、この印章は印篆で彫られていて、

開運印鑑の特徴である印相体とは無縁の作風です。

印相体が創作される前の印影ですので、当然と言えば当然ですが、逆に印相体など開運に関係ない事を現しています。

「開運印鑑は吉相体ですよ」とおっしゃりたい方・・・

印相体も新しい書体ですが、吉相体などという書体は、印相体の呼び名を変えただけで、どちらも書としての評価はゼロです。

字典にも載っていませんし、古文書にも載っておりません。

つまり、きちんとした書体じゃないという事ですし(繰返しますが)歴史の無い書体です。

当たり前といえば当たり前の事ですが、お客様はもとより、印章店の方でも二代目三代目さんとか世代が変わって

印相体の正体を知らない方も増えていると聞きます。

印相体を「いい書体」と勘違いしている方も居ると伺っています。

御朱印 開運印鑑


「明治時代の印影」などのキーワードでこのブログに辿り着いた方は、ソフトに印相体や開運印鑑を批判する私に

驚いてしまうのではないかと思いますが、そんな方はこちら→印相体と開運印鑑 をお読み下さい。

開運印鑑の実態に比べると、随分ソフトに批判しておりますが、ここ2回ほど急に開運印鑑を批判しているのは

先月、ちょっとした出来事があったからです。

まあ、大した事はありませんが、その話は次回にでも・・・

ブログ編集者





プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR