FC2ブログ

印相体が出来る前の実印集

こんなタイトルだと、また中傷されてしまうかも知れませんが、その名の通り印相体が出来る寸前の

実員の見本帳「實印集」です。

昭和の資料ですので、これをお持ちの印章店さんも多いと思います。

實印集 (印相体・吉相体はデタラメ書体です)

当店では現役で使用しておりますので、綴る紐がほどけてしまっています。

丁寧に扱わなければいけませんね。


實印集 (印相体・吉相体はデタラメ書体です)

あまり古い資料ではありませんが、印相体の登場で正当な実務印文化が変わってしまう寸前の貴重な印章資料です。

今日は右ページ、下段の右から二番目です。

こうやってランダムに紹介していると、またどれを紹介して、どれがまだなのかわからなくなってしまいそうですが、

何度も登場する印影は「素晴らしい作風なんだ」という風に解釈いただければ幸いです。

實印集 (印相体・吉相体はデタラメ書体です)

空間の広さが大変目立つ作風ですね。

一般的とは言えませんが、それでもたまにこういう作風の印はありました。

実店舗を運営していればわかるのですが、お客様のお名前が小さいと何か損をしたかの様に思われる方も中には

居らっしゃいますが、印章(印鑑)は輪の中の表現全体で見るものです。

文字が小さくても、バランスがよく、その様な作風として古くからあるものでしたら問題ありません。

とはいえ、この印影は15ミリですので、パソコンで見ると大きすぎます。

(パソコンでご覧いただいている方は)モニターから十分離れてご覧下さいますようお願い致します。

ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR