FC2ブログ

明治時代の手彫り印鑑 古印体

明治中期の手彫り印鑑印譜からです。

手彫り印鑑(明治時代) 印相体・吉相体・開運印鑑は全てハンコやが金儲けで作ったものです


手彫り印鑑(明治時代) 印相体・吉相体・開運印鑑は全てハンコやが金儲けで作ったものです

味わいのある古印体で彫られた警察署の印ですね。

文字に「わびさび」があり、ところどころ途切れているのがおわかりいただけるでしょうか。

これが本来の古印体です。

「途切れる」とお客様に言いますと、「それはやめて下さい」と言われる事が多いですが、古印体とは読んで字の如く

古い印章(印影)を参考にして創りだされた書体です。

奈良・平安時代のハンコと言えば銅で出来た四角い官印でした。

それを鋳造する時に(鋳造技術が不十分の為)生まれる「鋳造溜まり」が墨溜まりとなり、文字の強弱、わびわびを生むのです。

当時はやむを得ず出来てしまっていた鋳造溜まりが、後に古印体という書体になっていきます。

ですから、途切れていても印章としては何も問題ありません。

ちなみに、印章に用いられる基本六書体のうち、古印体のみ日本で生まれた書体です。

邪道の書体である印相体も日本で作られた書体です。

ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR