FC2ブログ

御条目五人組御仕置帳

江戸時代の印影を続けます。

何回目かの紹介となる寛政9年の御条目五人組御仕置帳の続きです。

御条目五人組御仕置帳です 印相体・吉相体などの開運印鑑はデタラメ印鑑です

今回はこちらから。

御条目五人組御仕置帳です 印相体・吉相体などの開運印鑑はデタラメ印鑑です

御条目五人組御仕置帳です 印相体・吉相体などの開運印鑑はデタラメ印鑑です

まずは向かって右のページから。

御条目五人組御仕置帳です 印相体・吉相体などの開運印鑑はデタラメ印鑑です

細枠・細字という分類は普通しませんが、実は昔は意外と多くありました。

左は印面いっぱいに広げた作風です。

御条目五人組御仕置帳です 印相体・吉相体などの開運印鑑はデタラメ印鑑です

右は何度も紹介している「名残り唐草」です。

印影が不鮮明ですので、文字は判読出来ませんが、正統派印篆の左右を開け、その空間に唐草を入れた作風で

江戸時代には結構多く用いられた素晴らしい作風です。

(「名残り唐草」とは正式な作風名ではなく、完全な唐草模様ではく、省略した唐草模様という意味です)
(中には角ばらせた作風もありました)

印相体・吉相体などの開運印鑑はデタラメです(印相体が無かったいい時代の印影記録・御条目五人組御仕置帳)

どちらも判読は困難ですね。


印相体・吉相体などの開運印鑑はデタラメです(印相体が無かったいい時代の印影記録・御条目五人組御仕置帳)

次に向かって左ページです。

印相体・吉相体などの開運印鑑はデタラメです(印相体が無かったいい時代の印影記録・御条目五人組御仕置帳)

右から、左右の空間を十分にとった作風+細めの印篆、真中は判読不明、左は「名残り唐草」です。

しつこい様ですが他の資料も含め、この時代「名残り唐草」は結構多くあります。


印相体・吉相体などの開運印鑑はデタラメです(印相体が無かったいい時代の印影記録・御条目五人組御仕置帳)

右の印影は一つ上の写真の左端です。

真中も右側を見ると「名残り唐草」の様ですが、不鮮明のため詳細は不明。

左はやはり左右の空間を十分に確保した、正統派字配りの印篆です。

-----------------------------------------------------

「似たような印影ばかりでつまらない」ですか?

では、江戸時代のこんな資料もご覧下さい。

印相体・吉相体などの開運印鑑はデタラメです(印相体が無かったいい時代の花押)

花押の資料です。

印相体・吉相体などの開運印鑑はデタラメです(江戸時代の花押) 

江戸末期とはいえ、明治維新の50年以上前の文化二年の出版物です。

印相体・吉相体などの開運印鑑はデタラメです(江戸時代の花押) 


印相体・吉相体などの開運印鑑はデタラメです(江戸時代の花押) 

花押ファンにはたまらないものだと思いますが、いかがでしょうか。

花押を印章にする事ももちろん可能です。

印相体・吉相体などの開運印鑑はデタラメです(江戸時代の花押) 

--------------------------------------------------------

ここからは余談コーナーです。

箭弓神社 御朱印 印相体・吉相体で印鑑を作成してはいけません

「ええっ? またですか?」 と驚きの方。

すみません。

そう。  

またですみません。

6月13日(月曜日)フジテレビ「めざましテレビ」の「ここ調」で世界一の(大きさの)御朱印が採り上げられ、

この私もテレビに出たのでその事を。

ほんの何秒かでしたが・・・

                             (画像はフジテレビ「ここ調」ホームページより)
箭弓神社 御朱印 印相体・吉相体で印鑑を作成してはいけません
                             (画像はフジテレビ「ここ調」ホームページより)
箭弓神社 御朱印 印相体・吉相体で印鑑を作成してはいけません

                             (画像はフジテレビ「ここ調」ホームページより)
箭弓神社 御朱印 印相体・吉相体で印鑑を作成してはいけません

                             (画像はフジテレビ「ここ調」ホームページより)
箭弓神社 御朱印 印相体・吉相体で印鑑を作成してはいけません
                             (画像はフジテレビ「ここ調」ホームページより)
箭弓神社 御朱印 印相体・吉相体で印鑑を作成してはいけません

                              (画像はフジテレビ「ここ調」ホームページより)
箭弓神社 御朱印 印相体・吉相体で印鑑を作成してはいけません

これ↑は私の言葉ではなく、フジテレビ「ここ調」のホームページの言葉ですが、最後の一言がいいですね。

1300年の伝統ある神社の御朱印からのご利益。

「ご利益は伝統から」 

印相体で彫られた印鑑からは、錯覚、もしくは裸の王様になれる事はあっても、本当のご利益もありません。

印相体でご利益があるのは、それを売ったハンコ屋です。


----------------箭弓神社・番外編----------------

箭弓神社 御朱印 印相体・吉相体で印鑑を作成してはいけません

盾を持っている写真向かって左のギネス鑑定人の外人さん、英語かフランス語か、はたまたスペイン語とかで

結果発表をするのかと思っていたら、流暢な日本語だったのでびっくりしました。

箭弓神社 御朱印 印相体・吉相体で印鑑を作成してはいけません

こちらこのブログでは何度も言葉で紹介している11人の実行委員さんです。

ブログ掲載の許可はとりませんでしたが、既にネット上で出回っているのでいいでしょう。

(問題ある場合は削除しますので連絡下さい)

この方達の苦労に比べたら、私達の苦労など小さなものです。

箭弓神社 御朱印 島谷ひとみさんのコンサート 印相体・吉相体で印鑑を作成してはいけません

御朱印が世界一と認定された後は、歌手・島谷ひとみさんのライブです。

箭弓神社 御朱印 印相体・吉相体で印鑑を作成してはいけません

箭弓神社 御朱印 印相体・吉相体で印鑑を作成してはいけません

伝統ある神社の古いものはいいですね。

箭弓神社 御朱印 印相体・吉相体で印鑑を作成してはいけません

手水舎の水盤です。

下の石や土台は近年のものでしょうが、水盤は江戸時代のものです。

江戸時代の石工さんがカンカン、コツコツと手彫りした水盤なのでしょう。

箭弓神社 御朱印 印相体・吉相体で印鑑を作成してはいけません

創られた年はこの反対側に彫られておりましたが、苔が多かったのでブログのアップは控えておきます。

箭弓神社 御朱印 印相体・吉相体で印鑑を作成してはいけません

箭弓神社 御朱印 印相体・吉相体で印鑑を作成してはいけません

神社仏閣と言えば吉祥模様が魅力の一つです。

私の大好きな紗綾形です。

ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR