FC2ブログ

大篆の認印

何気無い認印ですが、今では全くと言っていいほど使われていない書風「大篆」風の認印です。

雑に彫られているように見えてしまうかも知れませんが、決してそうではありません。
大篆の手彫り印鑑(明治時代)


この大きさで二重枠に彫る事は熟練の技術が必要です。
明治時代の手彫り印鑑(大篆)

定規を参考に大きさを考えてみて下さい。
内枠は彫るだけでも大変です。
二重枠という事は、外枠と内枠のバランスが違ってしまってはもちろんいけません。
古いものですので見辛いかも知れませんが、ミクロ単位までしっかり彫られている印影をご覧下さい。
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR