FC2ブログ

手彫り印鑑

正真正銘の手彫り印鑑の彫刻工程です。

まずは写真掲載をご承諾下さったお客様に心より御礼申し上げます。

手彫り印鑑 字入れ

朱墨を塗った印面に字割具で目安の線(字割線)を入れ、それから手書きします。

(紙に書いた文字を転写する方法も「手彫り」の定義として認められており、当店でも転写する場合があります)

手彫り印鑑の字入れ

字割り線はあくまでも目安ですので、文字の形次第ではみ出ても問題ありません。


手彫り印鑑の字入れ

以前も書きましたが、左右対称部分は一見簡単そうに思えるかも知れませんが、非対象に比べて難易度が上です。

手彫り印鑑の荒彫り

毎回同じ説明ですが、荒彫りの基本は枠どりからとなります。

基本はいつも同じです。

手彫り印鑑の荒彫り

いい手彫り印鑑は、丁寧な荒彫りから生まれます。

文字が混み入っていない(広い部分は)土手を作らず丁寧に彫ります。

手彫り印鑑の荒彫り

最終工程の「仕上げ」がありますが、荒彫りでも丁寧に彫るのがいい印鑑の必須条件です。

手彫り印鑑の荒彫り


手彫り印鑑の荒彫り

篆刻台(彫刻台)を彫りやすい角度に変えて彫り進めます。

手彫り印鑑


最後は墨を塗り直して仕上げ工程です。

いい手彫り印鑑は全ての工程で丁寧な作業が必要です。

口での説明より写真で説明した方が伝わりますよね。

手彫り印鑑を注文する際は、必ず写真を撮ってもらいましょう。

詳しくはこちら



   手彫り印鑑の注文をご検討のお客様へ (免責事項)

 当店では手彫り印鑑をご注文いただきました全てのお客様へ、彫刻途中の写真を差し上げております。

 ホームページ上で紹介している写真は、写りが良いものを選んだ上でお客様のご承諾をいただき掲載

 しているものです。

 写真は素人撮影ですので、写り具合の悪い場合やデータの損失、またはうっかり撮り忘れも有り得ます。

 (写真を差し上げるサービスを行ってから撮り忘れは一度もありません)

 これらの理由により写真を差し上げられない場合でも、間違い無く手彫りを行っております。

 その為、写りの悪い場合や、写真そのものが差し上げられない場合でも、返金等は出来ません事を

 ご理解下さいませ。

 (写真の写りの悪さ、及び差し上げられない場合差し上げられない事は免責とさせていただいております)

 尚、当店の彫刻方法は「手彫り」と「手仕上げ」の彫刻方法でお承りさせていただいておりますが

 写真サービスは手彫り印鑑のみとなります。




ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR