FC2ブログ

明治時代の銀行印

いつも似たタイトルですので、今回は多少変えてみました。

銀行印と言っても預金通帳用の印鑑(印章)ではなく、銀行自体の印鑑(印章)です。

手彫り印鑑

今回は右ページ上段から角印を。

手彫り印鑑

太枠(中輪)に小篆風の細篆書体が美しいですね。  (小篆とはいえない崩しがあるので小篆風と表現します)

近くで見るのもいいですが、是非パソコンの画面から思い切り離れて(遠くから)ご覧下さいませ。

ハンコの味わいが良くわかるかと思います。

インターネットで銀行名を検索すると(統廃合等で)今は既に無い銀行のようです。

今回の印影はここまでで、以前ボツにした写真を。

ここは私が週末に癒しに為によく行く場所です。

瓦

この辺りは秋がいい季節だと思います。

虫も少なくなっていますし、雑草も刈られて宝物を見つけるには絶好の季節です。

遺跡

誰かが撮影用に置いたかのような写真ですが、やらせではありません。

遺跡

そこらじゅうに古代からの物と思われる破片がゴロゴロ転がっております。

遺跡


遺跡


ブログ編集者







プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR