FC2ブログ

手彫り印鑑の彫刻工程写真

実際にご注文いただきました手彫り印鑑の彫刻工程写真です。

まずは、写真の仕様をご承諾下さったお客様へ心より御礼申し上げます。

手彫り印鑑の字入れ

印面を整えた後、逆さ文字の手書きから始まります。

(紙に手書きしたものを転写する方法も手彫り印鑑の定義として正式に認められているので、当店では転写する場合もあります)

手彫り印鑑の字入れ

意外と思われるかも知れませんが、左右対称の文字は非対称と比べまして難易度が上がります。

ちょっとでも非対称な部分があると、すぐにわかるからです。

手彫り印鑑の字入れ

墨で書き、朱墨で修正しながら文字を書いていきます。

手彫り印鑑の荒彫り

そして凹凸を出す荒彫りですが、基本は枠どりからとなります。

手彫り印鑑の荒彫り

黒水牛の手彫りは、写真で見ますと荒彫り質感がよくわかると思います。

これが手彫り印鑑の醍醐味です。

手彫り印鑑の荒彫り

彫刻台(篆刻台)の角度を変えながら丁寧に荒彫りを進めます。

手彫り印鑑の荒彫り

黒水牛はその名の通り素材が黒いので、彫り進めると墨で書いた部分との見分けが付きにくい印材です。

このままでは彫りづらいので、一旦朱墨を塗って文字が良く見える様にして、最終工程の「仕上げ」へ。

手彫り印鑑の荒彫り


手彫り印鑑を注文する場合は、必ず彫刻工程写真の撮影を依頼しましょう。

詳しくはこちら




 手彫り印鑑の注文をご検討のお客様へ  (免責事項) 

 当店では手彫り印鑑をご注文いただきました全てのお客様へ、彫刻途中の写真を差し上げております。

 ホームページ上で紹介している写真は、写りが良いものを選んだ上でお客様のご承諾をいただき掲載

 しているものです。

 写真は素人撮影ですので、写り具合の悪い場合やデータの損失、またはうっかり撮り忘れも有り得ます。

 (写真を差し上げるサービスを行ってから撮り忘れは一度もありません)

 これらの理由により写真を差し上げられない場合でも、間違い無く手彫りを行っております。

 その為、写りの悪い場合や、写真そのものが差し上げられない場合でも、返金等は出来ません事を

 ご理解下さいませ。

 (写真の写りの悪さ、及び差し上げられない場合差し上げられない事は免責とさせていただいております)

 尚、当店の 彫刻方法は「手彫り」と「手仕上げ」の彫刻方法でお承りさせていただいておりますが

 写真サービスは手彫り印鑑のみとなります。






はんこの印善
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR