FC2ブログ

明治時代の手彫り印鑑


明治時代中期の印譜からです。

明治時代の手彫り印鑑

この印譜は私のお気に入りの印影尽くしですので、出来れば一つひとつ紹介したいものです。

明治時代の手彫り印鑑 二重枠 角

角印ですが、印文を見ますと個人用ですね。

今では少ないですが、明治時代は(丸型に比べ少ないものの)意外とありました。

素晴らしい親子二重枠+細篆書体ですね。

明治時代の手彫り印鑑 二重枠 角

写真は大きく写っていますが、横幅4分(12ミリ)の小さな印鑑です。

定規の目盛りと比べてみればわかりますが、文字の線は1ミリ以下のミクロの世界です。

明治時代の職人の技量に圧倒されます。

明治時代の手彫り印鑑 親子二重枠 

「出来れば一つひとつ紹介したい」と書きましたが、印影が接近していて写ってしまったので、右側も紹介させていただきます。

「写ってしまった」 とは印影に失礼ですが、素晴らしい印影はいくつ紹介してもいいものですので、こちらもピックアップ。

明治時代の手彫り印鑑 親子二重枠 

こちらも親子二重枠+細篆書体の素晴らしい印鑑で、これで太さは10.5ミリ。

明治職人の精巧な技術に頭が下がります。

(今でも密刻という細かい手彫りはありますが、普通のご注文品として彫る職人さんは稀だと思います)

明治時代の手彫り印鑑 雷紋

「一つ紹介すれば、また一つ・・・」

こちら(右側)も素晴らしい雷紋の実印ですね。   

「一印影ずつの紹介」 と勿体ぶりたかったのですが、そうはいかず3印影の紹介させていただきました。

下の朱白混合印影は、ずっと前に紹介した気がしますので、本日はここまでで、続きはまたの機会で。


ブログ編集者




プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR