FC2ブログ

太枠・細字の小判型封緘印

今回も明治時代の実務印 印譜からです。

明治時代の手彫り印鑑

今回はぱっと開いたページからランダムでの紹介です。

こうしてランダムで紹介すると、どの印影を載せたのか後々わからなくなってしまうのが困るところなのですが、

ブログに載せる印影選びは、仕事というより私の趣味ですので、どうしても自由に載せたい気持ちが優先してしまいます。

明治時代の手彫り印鑑

どっしりとした太枠に細篆書体で彫られた封緘印ですね。

印相屋さんのデタラメトークとは別に、文字が細いと「個性が小さくなるので・・・」「自分の名前が細いのは、弱々しい感じがして」

と心配されるお客様が居らっしゃいますが、お客様の好みが優先するとはいえ、基本的にその様な心配はご不要です。

このブログで何度も書いておりますが、ハンコは印面全体で表現するものです。

印影の一部をピックアップして考えるのではなく、全体で考えて下さい。

一番上の写真でもこの小判型封緘印は目立つ印影ですよね。

「目立てばいい」「強ければいい」というものではありませんが、決して弱々しい印章ではない事をわかって下さい。

明治時代の手彫り印鑑

これはゴム印ではありません。

れっきとした木口印章です。

(すみません。 上のページとは別の印影となってしまいましたね)

明治時代の手彫り印鑑

これも別ページの印影でした(撮ってから数日経っての掲載ですので、うっかりしておりました)

まあ、印影の良さに細かな違いは問題ないと思います。
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR