FC2ブログ

広がる造形の美(続)

偉そうなタイトルを続けてしましました。

明治時代の同じ印譜から。

明治時代の手彫り印鑑

前の記事と同じ印譜からですが、別のページをピックアップしました。

近年の型にはまった様な作風ではなく、昔の印譜はバラエティーに富んでいて素晴らしいと思いませんか?

この様な昔の印譜を見ると造形の美への思いが広がってきます。

それを無理やり「広がる造形の美」など偉そうなタイトルにしてしまいました。


でも、こうやってランダムで掲載しているから、どれを掲載して、どれがまだだったかわからなくなってしまうのが

困りものなんですですが。

明治時代の手彫り印鑑 大篆風 今體派 柳葉篆 笹文字
まず目に飛び込んでくるのが、この契印でしょう。

ご存じの方は多いと思いますが、書類(冊子)がバラバラにされないよう、割印の様に使う為の印章です。

このブログではお馴染みの今體派・大篆風の篆書体です。

そう、柳葉篆・笹文字ですね。


明治時代の手彫り印鑑

こちらは封緘印

明治時代の手彫り印鑑

堂々たる太枠に印篆、この印篆は後に記事にさせていただく予定ですが、独特の作風が混ざっている印篆です。


明治時代の手彫り印鑑

日銀の事務仕事で使われていた印章の様ですね。

これ、ゴム印ではないですよ。

れっきとした印章です。

今、事務的に使う科目印を木口で注文する人はまず居ないと思います。

さすが明治時代、素晴らしい印章文化ですね。


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR