FC2ブログ

関野香雲展

先日銀座の老舗さんで開催された関野香雲展に行ってきました。

知人でも弟子でもないのに「関野香雲先生」と言うのは図々しい気がしますし、「関野香雲さん」ですと慣れなれしいでので

あえて敬称は付けません。 (まあ、そんな前置きはどうでもいいでしょうけど)

偉大な篆刻家(書家)の作品は見るだけで勉強になります。 

(すみませんが関野香雲展の写真はありません)


画廊のビル入り口で関野香雲のお弟子さんの先生とバッタリ。

私、印章業界では知人の少ない方だと思いますので、展示品を見る前から何か得をした気分になったりして・・・


先生は帰るところでしたので少ししか話はできませんでしたが、気分上々でいざ画廊へ。

いや~ 素晴らしかったです。

今はインターネットで昼夜問わず多くの事を調べる事が出来る便利な時代になりましたが、やはり実物には

到底及びませんね。(当たり前ですが)

画像検索で「関野香雲」 「関野香雲 篆刻」 「関野香雲 書」を調べてみても、ほんの一部の印影が見られるだけです。

関野香雲を知らない方には、印影写真で紹介できず、思わせ振りな文章で申し訳ございませんが、ホントに来て

良かったです。


じっくり2周ぐらい見ましたが、何と見覚えのある印影を発見!

関野香雲 印影

ちなみにこれは私のお店にある印譜です。 (関野香雲展の写真ではありません)

写真右側の日付から昭和6年のものである事がわかります。

関野香雲 印影

出雲大社の御朱印です。

実はこの作風、素晴らしいなと前から思っていたのですが、何と関野香雲の作品だったのですね。

印影と印章(鋳造印でした)が展示されていました。

こちらは「出雲大社 御朱印」で画像検索すると沢山見る事ができますが、実押印影を見たい方は当店まで(笑)


ここで当店にある江戸時代の印譜を。

江戸時代の印譜
本日は左下を紹介。



江戸時代の印譜

関野香雲展が開催されていた老舗さんと同名の印影を発見。(印文から推測するとおそらく同一だと思います)

いや本当に素晴らしいものをありがとうございました。
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR