FC2ブログ

明治印譜 (小判型・親子二重枠・柳葉篆)

再登場の印影が続いていましたが・・・という事は前記事で書きましたが、決して資料切れではありません。

今回も明治時代の実務印 印譜から。

手彫り印鑑

「一日一印影の紹介」が目標と何度も書いてきましたが、今ではすっかり口先だけになってしまっております。

この印譜だけでも一日一印影ずつなら、かなり長くブログを続けていけそうなのですが、なかなか毎日

ブログの更新は出来ないので、そうなるとつい欲が出てまとめての紹介となってしまいます。

という事で、今回は多目に紹介させていただきます。

(黄色と水色の付箋は気になる印影のページに付けたものですので、それらはいずれ紹介させていただきます)

手彫り印鑑1

今まで記憶だけを頼りにランダムで紹介していた為、この印譜内のどれとどれをブログに載せたか、いまは大分

曖昧になってしまったので、今回は一番上の印譜の始めのページから。

手彫り印鑑


手彫り印鑑

このブログを懇意にしていただいている方は「太枠(右側)は運気が入らず良くない」など言う人は居ませんよね。

そういう事を言うのは、ペテン師印相屋さんだけでしょう。

手彫り印鑑

久しぶりとはいえ「印相屋」という縁起の悪い言葉を使ってしまいましたので、お口直しに古き良き時代の

素晴らしい印影を続けます。

手彫り印鑑

両方とも太枠ですが、右側は親子枠ですね。

今は二重枠では印鑑登録出来ない自治体もありますが、印章としては素晴らしいものです。

(もちろん二重枠でも印鑑登録可能な自治体もあります)

私のお店では親子枠でも細輪二重枠でも、どちらもお承りさせていただきます(恐縮ですがお値段は変わります)

手彫り印鑑



手彫り印鑑




手彫り印鑑

別に珍しい印影をピックアップしているのではありませんよ。

印譜の最初のページを順番に載せているだけです。

左は笹文字の柳葉篆ですね。

今体派ですね、キンタイハ。

手彫り印鑑

姓一文字、お名前二文字は印篆が一番似合います。

一枚の紙で続いている印譜ですので、本日はこの辺で。


ブログ編集者





プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR