FC2ブログ

朱白文相間印 回文

明治時代の印譜より

明治時代の手彫り印鑑

ここのところ毎回同じ言葉から始まりますが、この印譜は気に入っている印影が多い印譜なので

ブログ開設当時集中的に掲載した関係で、もしかすると既に紹介済の印譜かも知れません。

しかし、その場合は「いい物は何度紹介してもいい物だ」という事と解釈して下さい。


明治時代の手彫り印鑑

勘亭流というより、勘亭流風の楷書体でしょうか(中央・白文)

それに隷書体と楷書体の回文が和洋折衷の素敵なレストランを想像させてくれます。

この様な朱文(文字に朱が付くタイプ)と白文(白抜き文字)が一つの印鑑で合わさる作風を朱白文相間印と言います。

明治時代の手彫り印鑑

今の主流と比べると随分大きな印章です。


ブログ編集者

----------------------------------------------------

お盆休みはとうに過ぎましたが、夏季休暇中に訪問した写真をいくつか紹介させていただきます。

扁額 豪徳寺

今回は東京都世田谷区の豪徳寺です。

お寺の名前がそのまま地名や駅名になっているので以前から知ってはいましたが、実際行くのは今回が初めてです。

扁額 豪徳寺

山門の扁額です。

草書体は縦に書くのが基本ですが、これほどまでに素晴らしい草書体扁額ですと、違和感がありませんね。

扁額 豪徳寺
こちらは本堂です。

扁額 豪徳寺
本堂の扁額です。


扁額 豪徳寺
仏殿の扁額です。

扁額 豪徳寺
同じく仏殿の扁額です。


扁額 豪徳寺 松福殿
松福庵(招福庵)の扁額です。



今回の目的はこちらです。↓

豪徳寺にある日下部鳴鶴の墓石 呉昌碩書

書家、日下部鳴鶴夫婦の墓です。

既にインターネット上で紹介されておりますので、ご存知の方も居らっしゃるとかとは思いますが

墓碑は画家であり、書家であり、篆刻家でもある呉昌碩の揮毫です。

資料で見てはおりましたが、実際に見てみたくて来てしまいました。

真筆の墓碑銘軸は京都国立博物館にあるそうなのですが、東京からではそう気軽に行けませんので。

豪徳寺にある日下部鳴鶴の墓石 呉昌碩書

筆の流れも丁寧に彫られておりますが、真筆とは若干違うようです。

自書自刻でない限り、多少違いは生じることは仕方ありませんが、じっくり見てその違いを見比べる楽しみもあります。

豪徳寺にある日下部鳴鶴の墓石 呉昌碩書


豪徳寺にある日下部鳴鶴の墓石 呉昌碩書

こちらも、もちろん呉昌碩の揮毫です。


豪徳寺にある日下部鳴鶴の墓石 呉昌碩書

京都国立博物館の資料を見ますと、落款の印文は「俊卿之印」のはずですが、だとすると左右反転でしかも

「之」が違う様に見えます。

作風も大きく異なりますので、落款は別の印影なのかも知れません。




プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR