FC2ブログ

彫刻工程写真 (太枠・細字)

7月は良い感じで更新できておりましたが、後半更新がさっぱりになってしまいましたね。

今回は、手彫り印鑑の彫刻工程の写真です。

実際にお客様からご注文分ですが、ここで紹介する事をご承諾いただけたご厚意に深く御礼申し上げます。


印章用の文字である「印篆」です。

手彫り印鑑

墨で書いた部分を朱墨で修正しながら文字を手書きします。

(紙に手書きした文字を転写する工法も正式な手彫り印鑑として認められていますので、当店でも転写する場合があります)

手彫り印鑑


手彫り印鑑

印材は象牙です。

柘と比べると硬さが全然違いますが、これを日常的に手彫りして体感してこそ印材(材質)の違いなども

わかるのではないかと思います。

その経験でお客様に材質について的確な説明をする事が印章店として重要だと思います。

手彫り印鑑

象牙は白いので写真では凹凸がわかりづらいかと思いますが、文字や枠部分の「土手」が少ないのは

おわかりいただけますでしょうか。

丁寧な粗彫りは手彫り印鑑の基本です。

手彫り印鑑


手彫り印鑑

彫刻台(篆刻台)の向きを変えながら、彫りやすい方向で彫っている為、写真の向きが変わっております。

手彫り印鑑

説明不用の「手彫り印鑑の醍醐味」をご覧下さい。

手彫り印鑑

最後は墨打ちをし仕上げです。

手彫り印鑑




印章店としての私見ですが、インターネット上で手彫り印鑑として販売されているハンコの99.9%は手彫りされて

おりません。

ですので、

手彫り印鑑をインターネットで注文する時は、必ず彫刻途中の
写真撮影を依頼しましょう。





手彫り印鑑の注文をご検討のお客様へ  (免責事項) 

当店では手彫り印鑑をご注文いただきました全てのお客様へ、彫刻途中の写真を差し上げております。

ホームページ上で紹介している写真は、写りが良いものを選んだ上でお客様のご承諾をいただき掲載

しているものです。

写真は素人撮影ですので、写り具合の悪い場合やデータの損失、またはうっかり撮り忘れも有り得ます。

(写真を差し上げるサービスを行ってから撮り忘れは一度もありません)

これらの理由により写真を差し上げられない場合でも、間違い無く手彫りを行っております。

その為、写りの悪い場合や、写真そのものが差し上げられない場合でも、返金等は出来ません事を

ご理解下さいませ。

(写真の写りの悪さ、及び差し上げられない場合差し上げられない事は免責とさせていただいております)

尚、当店の彫刻方法は「手彫り」と「手仕上げ」の彫刻方法でお承りさせていただいておりますが

写真サービスは手彫り印鑑のみとなります。





こちらの記事↓もお読み下さい。  必ずご納得いただけるはずです。

彫刻途中の写真が重要な理由と説明

ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR