FC2ブログ

加賀国 金沢藩 藩札

たまにお客様からブログに関して意見をいただきます。

そんな中「どうも最近ブログ記事がつまらない」という声が聞こえてきそうな昨今であります。

そういえば、印譜からの紹介が続いており、藩札の紹介を最近は全然しておりおませんでした。

藩札といえば印影の宝庫。

骨董的な価値云々は別としても、印影さえあれば印章店にとっては宝物となります。

今回は加賀国・金沢藩の五拾文札(藩札)です。

加賀国・金沢藩の藩札 手彫り印鑑
どうでしょうか。

私なんかこの一枚の写真だけで気分が高まります。

加賀国・金沢藩の藩札 手彫り印鑑
裏側は一箇所に小さな印影があるのみです。

加賀国・金沢藩の藩札 手彫り印鑑

八方崩しの割印に唐草入り小判型、そして右には畳篆の印影。

どれも素晴らしいものばかりです。

加賀国・金沢藩の藩札 手彫り印鑑

腕のいい印判師が彫ったと思われる美しい印篆に、形の整った唐草模様が何とも言えませんね。

実に素晴らしい印影です。

加賀国・金沢藩の藩札 手彫り印鑑

薄くなってしまっておりますが、畳篆の角印。

畳篆も今はきちんとした手彫りや手仕上げでは、ご朱印か当店ぐらいでしかまず彫られていないと思います。

(ちゃっかり「当店」という宣伝は目障りでしょうが、この位はご容赦下さい。)

加賀国・金沢藩の藩札に彫られた手彫り印鑑

中央上の密刻は素晴らしいものと思われますが、文字で隠れてしまっております。

印譜ではなく藩札なので仕方ありませんが。

朱で押された隷書体の角印や畳篆っぽい印影も気になりますが、この中では私は「鑒定」と彫られている黒印の印篆が気になります。



加賀国・金沢藩の藩札に彫られた手彫り印鑑

紹介は最後になりましたが、素晴らしい密刻です。

長寿を願う縁起模様の蓑亀です。

印章人にとって藩札は見ているだけで勉強になります。


もう一つ藩札を紹介させていただきますが、単独ではおそらく没としてしまった事でしょう。

江戸時代の藩札に彫られた手彫り印鑑

単独では没にした理由は保存状態が悪いのと、どのようなものかわからない藩札という理由です。

江戸時代の藩札に彫られた手彫り印鑑
裏側はこんな感じです。

江戸時代の藩札に彫られた手彫り印鑑

藩札によくある大黒様だと思いますが、詳細はわかりませんね。

江戸時代の藩札に彫られた手彫り印鑑

こちらはおそらく宝船でしょう。


江戸時代の藩札に彫られた手彫り印鑑

藩札の専門家さんでしたら、この印影でわかるかも知れませんが、私の知識では詳細はわかりません。

江戸時代の藩札に彫られた手彫り印鑑



江戸時代の藩札に彫られた手彫り印鑑


最後は八方崩しの篆書体、もちろん本物の八方崩しです。



ブログ編集者



プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR