fc2ブログ

二重枠 (小判型手彫り印鑑)

今回は前記事で予告した内容です。

実際のお客様のご注文品を彫っている写真を紹介させていただきます。

まずは、ブログ掲載をお許し下さったお客様のご厚意に心より御礼申し上げます。

また、このようなご依頼をいただけた事にも重ねて御礼申し上げます。

ありがとうございました。

二重枠小判型手彫り印鑑

字割り線、逆さ文字の手書き、ともに光電式彫刻機以降の手仕上げには無い方法です。

二重枠小判型手彫り印鑑

まだこの段階では印章ではなく印材+書という段階です。

手前味噌で恐縮ですが、「手彫り印鑑としてお客様に堂々とお渡しできる逆さ文字を書く」という事は

一朝一夕の修行ではできない技術です。

二重枠小判型手彫り印鑑

印面に文字を書いた時は平面だったのが、印刀で彫り立体的になる様子がおわかりいただけると思います。

「書から印へ」

これこそ手彫り印鑑(印章)の真髄だと思います。

今回は二重枠です。

二重枠小判型手彫り印鑑

パソコンでご覧いただいている方には随分大きい写真が見えていると思いますが、これは三八小判です。

細かい彫刻である事を前提にご覧下さい。

二重枠小判型手彫り印鑑

二重枠の美しさ、手彫りで二重枠という難易度の高い技術を写真でご確認下さい。

手彫り印鑑 二重枠小判型

彫刻工程は大きな画像ですが、実際の印章は小さなものですので、印影は小さな写真で。

どうです?

自画自賛は醜いかも知れませんが「二重枠の美」いいと思いませんか?

私の大好きな「古き良き作風」です。

その「古き良き作風」をご注文をいただけたお客様にただただ感謝です。


手彫り印鑑は印影のみならず、途中の工程もあってこそ真の手彫りです。

それが今回の記事の写真をご覧いただければご納得いただけるかと思います。


印章店主としての私見ですが、手彫り印鑑として販売されているハンコの99.9%は手彫りされておりません。

ですので、

手彫り印鑑をインターネットで注文する時は、必ず彫刻途中の
写真撮影を依頼しましょう。



詳しくはこちらの記事↓↓をお読み下さい。  必ずご納得いただけるはずです。

彫刻途中の写真が重要な理由と説明


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR