FC2ブログ

小判型印鑑の美

明治時代からの紹介が続きますが、印譜は前記事とは別のものです。

小判型手彫り印鑑

印譜の一部ですが、太枠や個人の角印もある事がわかりますね。

今よりも多種多様だった事が印譜からもわかります。

小判型手彫り印鑑

わざと珍しい部分を寄せ集めた訳ではありません。

今回は小判型のピックアップですので、小判型が比較的多く載っている部分を撮っただけですが、

それでも多種多様ですね。

小判型手彫り印鑑

右は落款風に左は角ばった印篆。

小判型手彫り印鑑

こちらは小判型のフルネーム印。

文字の大きさは全て同じという訳でもない事も注目して下さい。

小判型手彫り印鑑

右側は古印体斜め、そして左側は巴風の朱白文相間印です。

よく見ると上が隷書体で下は行書体と、書体も混合していますね。

小判型手彫り印鑑

隷書体3文字と2文字。

左の印影に汚れが生じてしまっているのが残念です。

小判型手彫り印鑑

そして今回の主人公はこの二重枠小判型印鑑です。

素晴らしいと思いませんか。

全て素晴らしいので、これのみ「素晴らしい」などと書いては他の印影に申し訳ないのですが。


この印影は斜めが似合っておりますが、漢字とひらがなではバランス構成も異なりますので、

必ずしも全ての場合で斜めでも美しく字配りできるものばかりではありません。

画数の多い文字と少ない文字では、必然的にバランスや印影の雰囲気が変わってくるからです。

「文字」と一括りにまとめられないのもハンコの難しいところであり、逆に言いますと素晴らしいところでもあります。



上にスクロールして他の印影と是非比べてみて下さい。

平仮名と漢字の違いはありますが、二重枠にするだけで雰囲気が大きく変わるのがおわかりいただけますでしょうか。

「小判型印鑑の美」「二重枠印鑑の美」

実は、今回の記事はお楽しみの続きがあります。

ブログ編集者








プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR