FC2ブログ

本来、印鑑ケースの肉池には蓋がない

大正時代の印材問屋さんのカタログから印鑑ケースの図を(銅版画)

印鑑ケース(印章サック)

手彫り印鑑といえば必ずケースが付き物です。
図の右端に「チャ」と欠けながら見えますが、チャリモミの事です。
私はつい黒水牛角牙次の印材に目がいってしまいますが、今回はケースについての説明です。
KF印鑑ケースの標準品には蓋がありません(図はKF製かどうかは不明です)

象嵌入りの素晴らしい牙次印々材ですね。
でも今回はあくまでもケースについて(内張りは吉祥模様である鳳凰模様入りです)
象嵌入り黒水牛・象の牙次角印の印鑑ケース


今、一般に販売されているケースと明らかに違いがあるのにお気付きですか。
クイズではありませんので早々に答えを

朱肉を入れる部分を肉池(にくち)といいますが、それに蓋が付いておりません。
「蓋が無くて大丈夫なんですか?」など心配なさらないで下さい。
駄目なようでしたら売れませんので売れない物を無駄にカタログ載せる訳がありません。
「蓋が無くても大丈夫?」という以前に、本来は蓋などなかったのです。
と言うより、蓋はきちんとあるじゃないですか。 ケースの蓋が
今、大抵のハンコ屋さんでは印鑑ケースの肉池には布製の朱肉パットを入れています。
しかし、従来は練り朱肉を入れていました。
朱肉というには練り朱肉の事であり、布パット朱肉は簡易的な擬似朱肉に過ぎません。
練り朱肉を入れるには蓋が無い方が入れやすいですし、ケースそのものが蓋になっているので
肉池にわざわざ蓋はいりません。
油性マジックのように密閉しなければすぐに乾いてしまうものではありませんので。

それに、象牙や水牛の角は言うまでもなく天然素材です。
石印材と違い生物由来の印材ですので、乾燥するとヒビが入ってしまうこともあります。
朱肉は油分を多く含んでいるので、本来の練り朱肉を入れておけば印鑑ケース内が乾燥してしまう事も
少なく、乾燥が原因で印材にヒビが入ってしまう事も予防できる優れたものなのです。
ですので、印鑑ケース内の朱肉入れに蓋がなくても心配無用です。

では、昔のケースの肉池には全て蓋がなかったのか?
いいえ そうではありません。
牙蓋という象牙製の飾り蓋があるケースもありました。
飾り蓋ですので朱肉の油分が密閉されてしまう心配はありません。
今のケースにあるプラスチック製の蓋はこの飾り蓋の真似なのです。

真似でもいいから蓋付きがいいと思うか、真似より練り朱肉が入れやすいように作られた
本格派がいいと思うか

それは皆様のお好みで



すみません 今回はちょっと宣伝を

手作り印鑑ケースはKF印鑑ケースです。

文責:ブログ管理人 はんこの印善



プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR