FC2ブログ

技量 (心越の扁額)

明けましておめでとうございます。

と言うのは随分遅いですが、ブログの更新が1ヶ月以上滞っておりました。

今回は古い印影の紹介でなく、手彫り印鑑の良さをお伝えしたいと思います。

「手彫り印鑑の良さ」

実は以前にも書きましたが、口で説明するのはどうも苦手なので「論より証拠」という事で

手彫りした印章と印影そして印稿をご覧下さい。 (以前の記事です


「自画自賛」というのは醜いですよね。

でも、手彫り印鑑の良さを説明するのに他店さんで彫った印鑑の良さを説明するのはいかがなものか。

ですので、当店の宣伝が大きく混ざる自画自賛で大変恐縮ですが、今回はいつもと違った記事にしてみました。


下の写真の黒い紙にある印影は、印鑑(印章)で押したものではありません。

朱墨で手書きしたもので、印章用語では印稿(いんこう)と言います。

手彫り印鑑


印稿は別に黒紙に朱墨でなくても構わないのですが、原寸でこの様な印稿を書ける職人さん

自体が今は少なくなってしまっております。

手彫り印鑑

印稿は2つありますが、下が「多喜」さんの草書体です。

書こうと思えば書けたとしても、お店用の見本などにするのが精一杯で、実際のお客様からのご注文品で

書いているお店を探すのは非常に難しいのが現実です。  (宣伝で恐縮です 手書き印稿


これは手彫り印鑑用の見本として以前印稿を書いて手彫りしたものですが、6書体全てを印稿書いて彫る

時間がなく頓挫してしまったものを今回紹介させていただいたものです。

手彫り印鑑

こちら印稿とは少々雰囲気を変え「行草体」にして彫ってみた「多喜」さんです。

細かい説明は省略させていただき、当店の技量をお客様自身の目でご確認下さい。

手彫り印鑑


ご来店されたお客様用に何度も捺印しましたので、印面の朱墨は落として撮影しました。


手彫り印鑑



ブログ編集者

------------------------------------------------------------

お正月は特に旅行など行きませんでした。

その代わり、前々から気になっていた扁額を見てきました。

まだ新年早々の3日、お正月ですので少々寝坊して自宅でテレビを見ていましたが、行くかどうか迷っていた

お昼頃決断していざ出発。

目的地は栃木県益子町の西明寺。

日本の篆刻界に多大なる影響を与えた心越(しんえつ)書の扁額を見る為です。

(心越:蒋興儔  号は東皐 1677年に中国から来航した僧侶)


出発は午後1時頃。

場所を考えると高速道路で行った方が時間に余裕があっていいはずですが、街の風景を見ながら行きたかったので

下道、それも幹線道路はなるべく通らず旧街道的な道路で行くことにしました。

途中いい街並みがありましたが、日暮れ前に到着しなければならないので止まらずに目的地へ。

但し、コンビニにはドライブイン代わりに数回立ち寄ったりする気まぐれなドライブです。

心越 扁額

西明寺入り口です。

向かって左側が社務所のようです。

心越 扁額

これが目的の心越の(書の)扁額です。

資料でこの扁額の写真は見ていたのですが、やはり間近で本物を見ると感慨深いものがあります。

来て良かったです。

心越 扁額

心越 扁額

心越 扁額

貴重な扁額に千社札が貼られてしまっているのが残念でなりません。

千社札自体は私は大好きで当店にも古い千社札はあるのですが、これはいけませんね。

江戸時代から社寺に貼る習慣があるようですが、今は大抵「千社札を貼らないで下さい」と注意書きがあります。

注意書きの有無にかかわらず、扁額に貼ってしまうのはいけませんよね。


境内の閻魔堂の扁額です。

心越 扁額

色が薄れて文字が見えにくいですが、銘を見ると心越の書ではないようです。

心越 扁額





心越 扁額

山門の扁額

こちらは心越の書で「独鈷山」(右から)

高い場所にある扁額でしたので望遠レンズを持っていかなかった今回はこれが精一杯。

当日お昼の決断でしたが、来て良かった西明寺です。



勝手気ままに道中を楽しむ扁額巡りのドライブ、最高ですよ。


ブログ編集者







プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR