FC2ブログ

太枠細字

明治初期の実用印譜より

明治初期の印譜

明治時代の初期ですので、まだ黒肉で押されている印影が多いですね。


太枠細字 手彫り印鑑

太枠細字(中輪細篆書体)は枠から離す字配りが多いですが、このように印面いっぱいに入れる字配りもあります。

いずれ紹介させていただく予定ですが、目一杯文字を入れて文字の端部は枠で欠ける字配りもあります。

「欠ける」という語呂は何か嫌な感じを受けるかも知れませんが、印章の場合、きちんとしたルールに沿って

いれば問題はありません。

あくまでも篆書体のルールに沿っていればの話ですが。

話は変わりますが、私はよく「実際の印影は小さなものなので、拡大した写真を載せる事はあまりよくない」

と書いておりますが、今回もそうなってしまいました。

パソコン上では仕方ありませんね。

原寸に近い状態で載せたとしたら、細かい部分は見づらくなってしまいますからね。

でも、スマートフォンからご覧いただいている場合はこの写真の大きさでちょうどいいと思います。



話は脱線しましたが、下の角印は一番上の写真の左端下から二番目の印影です。

手彫り印鑑 黒肉



手彫り印鑑 黒肉

角印としては比較的小さな部類になりますが、親子二重枠に丁寧に彫られた楷書体の素晴らしい印影ですね。



ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR