FC2ブログ

明治印譜 いろいろ

明治後期の実務印 印譜より。

明治時代の手彫り印鑑



明治時代の手彫り印鑑

方印(角印)に似合う角ばった印篆です。

角印に合うよう、篆書体が角ばって作られ印篆になった事がよくわかるような印影です。



明治時代の手彫り印鑑

次は柳葉篆ですね。

このブログでは珍しくありませんが、今はハンコ屋さんの印影見本ではほとんど見なくなってしまいましたね。



明治時代の手彫り印鑑



明治時代の手彫り印鑑

小判型を横にして隷書体と柳葉篆で彫られた印文。

笹文字の垂れる雰囲気が懸針篆のようでもあり、いい雰囲気を醸し出しています。


明治時代の手彫り印鑑

隷書体の角印ですが、ご覧いただいておわかりのように「章」の縦線が延びていますね。

隷書体はこの様に伸ばす書体ではありませんが、文字の割り振りの関係でそのような作風にしたのでしょう。

なぜ三文字ずつ「・・・之印章」とせず「之章」としたのかはわかりません。



ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR