FC2ブログ

朱白文相間印

本日の紹介は戦時中の印譜からです。

手彫り印鑑



手彫り印鑑

朱文(朱で文字が押されているもの)と白文(白抜き文字)が絶妙に配置された素晴らしい印影です。

白文は端が枠代わりですが、朱文はそれぞれ枠があり全体のバランスが保たれております。

文字も実に素晴らしい印影です。


手彫り印鑑



せっかくですから他の印影も。

手彫り印鑑

太細が絶妙に入り交じった印影、これは私が好きな作風ですのでもしかしたら以前に紹介したかも知れません。

重複している場合は「気に入っているから再紹介となってしまった」と解釈して下さい。

彫られた時代は昭和(戦時中)ですが、江戸時代の雰囲気をそのまま残す作風であり

実に素晴らしい印影です。


手彫り印鑑

お店の宣伝で恐縮ですが、このような作風も個別にお問い合わせいただければお見積りさせていただきます。

ただし、この角印は四方の端が隅切りされておりますが印材の形は通常の角型とし、印面の彫刻で隅切り

を形取らせていただく事になると思います。


手彫り印鑑


ブログ編集者

プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR