FC2ブログ

封緘(ふうかん)印

明治時代中期の印譜より。

明治時代の封緘印


今回の紹介は向かって左ページから封緘印の紹介です。

封緘印と言うのは封筒などに封をする際に割印として押す為の印です。

西欧では蝋で封印をしますよね。

これはSEALと呼ばれ、古来中国では蝋の変わりに泥を使い封印をしたのが印章の

(中国での)始まりとされており、それは封泥と言います。

おわかりだと思いますが、どれも目的の人に届く際に既に開封されていないかを確認する為です。


封緘印

「緘」の絶妙な篆書体です。

筆感の無い作風ですので好き嫌いはあると思いますが、私はこのような作風も大好きです。

作者が異なるので一概には比べられませんが、先日の記事(印鑑証明書)終盤の石碑に彫られた文字と

大別すると筆法が共通しております。

ただ、今の印章業界では人気が低いような気がするのが残念でなりません。



封緘印

こちらは変わって行書体の封緘印ですね。


今回はもう一つ、戦前のご朱印印譜から。

どこの神社仏閣のものだかわからないのですが、紹介の目的は印影ですのでこれでもご勘弁お願いします。

宝尽くし 御朱印




宝尽くし 御朱印


どこのご朱印かわかりませんが、印影は吉祥模様である宝尽くしです。


戦前のご朱印


親子枠に折り畳みの多い素晴らしい印篆ですが、擦れてしまっているのが残念です。


ブログ編集者


---------------------------------------------

10月最後の土日に開催された東京印章協同組合の「蔵書印まつり」

延べ429人に手彫り体験をしていただき成功に終わりました。

これもご来場いただいたお客様並びにお手伝いスタッフのお陰です。

私は字入れ担当でしたので、当日は字入れ道具を持参しての参加だったのですが、

実行委員という立場でしたので、とても座って字入れをしている場合ではなく

階段昇り降りで足が筋肉痛になってしまいました。


限られたスペースでの体験ですので、混みあってしまいお待たせしてしまったお客様には

申し訳ない気持ちで一杯ですが、当日はトラブルも無く無事終了できました。

これも皆様のお陰です。

私は委員としての事務仕事が残っておりますのでブログは暫く写真中心(いつもですが)

となりますが、忙しくてもなるべく更新できるよう頑張りますので宜しくお願いします。




管理人





プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR