FC2ブログ

明治ヂ代の印影記録 (印鑑簿)

まずはこちらをご覧下さい。

印鑑簿 明治時代の手彫り印鑑

「明治四十年 印鑑簿」

ハンコ屋の私はこんな表紙を見るだけで心が躍ってしまいます。

例によって年代ですが、明治四十年=1907年=106年前。

100年以上前のものならば、フルネームと印影の公開は大丈夫としましょう。

この印鑑簿にはご住所は記載されていない事もあり、印影とフルネームを順番に公開させていただきます。

目的はもちろん「古き良き時代の印影」を一般の方に知っていただく事です。

印鑑簿 明治時代の手彫り印鑑

「フルネーム印影の公開は大丈夫」と言いつつ左の二名にはモザイク加工をしてしまいました。

私はよく「一日一印影の紹介を目標に」と書いておりますが、実際は複数の印影を記事に載せ

多いときは五人組帳などで一つの記事に10以上の印影をブログで紹介させていただいております。

この記事で283記事となります。

恐らく印影の数では1000を超えているのではないでしょうか。

今後もより多くの印影を紹介させていただきたいところですが、この印鑑簿からは一印影づつの紹介と

させていただきます。

印鑑簿 明治時代の手彫り印鑑

と言いつつ今回は二つ印影を載せますが、この印影は理事さんの印影ですので数に入れず、

個人の印影を一印影づつとします。

隷書体の角印です。

100年以上前の帳簿ですが、保存状態が大変良く素晴らしい印鑑簿なのですが・・・

「一印影づつ」という勿体ぶってしまった事には理由があります。

(勿体ぶって申し訳ございませんが、理由はいずれ書かせていただきます。)


印鑑簿 明治時代の手彫り印鑑

「田」が非常に個性的な形になっております。

でも創作ではありません。

篆書体にはきちんとした決まりがあります。

「久」という篆書体はこの時代ならではの折り畳みの多い崩しで、私の大好きな作風です。

親子二重枠に十分空間をとった細篆書体。

鮮明な印影が良さを一層引き立てております。

(個人印は)一印影のみの紹介ですが、100年以上前の素晴らしい手彫り印鑑印影をご覧下さいませ。


印文はこちら(中央です)

印鑑簿 明治時代の手彫り印鑑



ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR