FC2ブログ

明治印譜 いろいろ2

明治時代の印譜からですが、7月21日の記事続編として「いろいろ2」としてみました。

「2」を作ると次には「3」も作らなくてはいけませんが、今後は未定という事で。


明治印譜




明治印譜

毎回珍しい印影を探してこれればいいのですが、珍しいものばかり集めた印譜ではありませんので

このブログとしては普通の印影です。

「普通」と言っても二重枠のフルネーム印(実印)やこのような篆書体の崩しは珍しいですよね。

四角い実印も今では少ないです。




明治印譜

このような太枠細字に角ばった印篆という作風もこのブログ内では当たり前ですが、巷では非常に

珍しいタイプとなります。

珍しけりればいいってものでは決してありませんが、珍しい云々ではなく「古き良き作風」と考えて

いただければ、見方も変わってくるのではないでしょうか。


明治印譜

朱白混合(巴)の小判型印鑑と白文のフルネーム印ですね。

残念ながら今は白文(右側)では印鑑登録できない自治体がほとんど(だと思います)です。


明治印譜

印影のみで印材は残っておりませんが、印材そのものの輪郭は恐らく普通の丸型だったものと思われます。

彫刻であのような枠を作り出したものでしょう。

インプットされたデータで機械彫りしてしまった方が簡単に彫れるかも知れませんが、

これを手書きして粗彫りから始める事こそ真のハンコだと思うのですがいかがでしょうか。



今日は抽象的なコメントになってしまいました。



ブログ編集者


プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR