FC2ブログ

藩札に押された印鑑

今の実印につながる手彫り印鑑の歴史を語る上で欠かせない資料として江戸時代の藩札があります。
その事については他でも書いたと思いますが、この時代の典型的な印章書法の紹介として画像を公開させていただきます。
藩札の色が汚れているように見えますが、これは元々白い紙ではなく青札と呼ばれる藩札でした。

これは表です。
斜に切り込みされているのは藩札廃止時に切られたものと思われます。
藩札と江戸時代の手彫り印鑑

裏には多くの印影があります。
薄れて見辛くなってしまっているのは残念ですが、江戸時代の物ですのでご了承下さい。
藩札に押された手彫り印鑑

これは典型的な八方崩しですね
印相屋さんは八方篆書体などと命名して開運など嘘の言い伝えを添えて販売している原型となった書法です
もう充分過ぎる位書いている事ですが、この記事だけを見た人が誤解しないように説明します。
八方篆書体という書体はありません。
疑問がある方は大きな書店か書道用品店に行き字林で探してみて下さい。
八方崩しという印章書法はありましたが、「開運」や「縁起」とは無縁の「字をわからなく隠す」書法でした
これを印相屋さんの元祖といわれるとある方が「開運」や「縁起」に関係するセールストークを考えて
商標登録して販売したのが今の開運印鑑の始まりです。
これ以上はこちら→開運印鑑Q&Aをご覧下さい。
八方篆書体の手彫り印鑑【江戸時代】

藩札と手彫り印鑑


藩札に押された手彫り印鑑

手彫り印鑑

これは印影ではありませんが、印章人には参考になる篆書体です
藩札の篆書体

藩札に多く見られる吉祥柄である亀も彫られております。
藩札画像




プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR