FC2ブログ

手彫りゴム印  大正時代

今回は大正時代の手彫りゴム印 印譜からです。

手彫りゴム印 大正時代

上の写真からでもおわかりかと思いますが、一つ上下逆さまに押されてしまっていますね。

手彫りゴム印

ロゴも丁寧に彫られ、角ゴシック体と隷書体が混ざった大きなゴム印です。



手彫りゴム印

昔のお茶屋さんのゴム印(と印章)はこのような茶壷型が非常に多いです。



手彫りゴム印

起筆、送筆、終筆の美しさが素晴らしい手彫りゴム印です。

手彫りゴム印

ここで例によって「パソコンフォントでは味わえない職人技」と言いたいところですが

ちょっとピンボケ気味になってしまい残念です。

ピンボケは後から気付いたので載せてしまいますが、素晴らしい作品も私の撮影で台無しにしてしまうのは

いけない事です。

慎重に撮影しなければいけません。


手彫りゴム印




手彫りゴム印

これは畳屋さんのゴム印でしょうか。



手彫りゴム印

最後はこちら

調べてみたら現在の韓国にある地名のようです。

戦前のゴム印(大正時代)である事が印影からもわかります。







ブログ編集者 はんこの印善



手彫りゴム印



プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR