FC2ブログ

二重枠の実印

明治時代後期の印譜より二重枠の実印を

二重枠の実印(印鑑)

普通、親子枠(一方が太く、もう一方が細い枠)はもうちょっと強弱があるのが一般的ですが

それでもきちんとした親子枠ですね。

二重枠は篆書体が多いですが、隷書体も似合います。

実印といっても12ミリです。

二重枠の印鑑(実印)





----------------------------キリトリ線----------------------------------------

キリトリ線コラムも3回目になりました。

今回は政治の話題は無しですが、少々ラフな口調で書きますので後で削除するかも知れない

こちらのコーナーとして書きます。

ちなみに、前の2回は政治の話題ですので近々削除する予定です。

先日、印章業界の展示会がありました。 (展示販売会)

毎年この時期に定期的に開催されており、私も必ず行くようにしております。

ただ、うちの店は大量仕入れするような規模ではないのでもっぱら見学です。

いつもお世話になっている業者さんのコーナーを見に行くのが目的みたいなものです。


関東各地のみならずもっと遠い所から来る方も居て、組合関係の方、技術訓練校関係の方、ほか

古くから知っている方など数年に一度ぐらいしか合わない同業者さん達と顔を合わせます。

今年の展示会で意外と多かったのは、「あんなに書いちゃって大丈夫?」と心配してくれる

方が多かった事です。

ご存じの方は多いと思いますが、私は印章業界の汚点を遠慮無くネット上で公開(訴え)しておりますので

その事で何か言われたりしていないか、という心配です。

皆さん優しいですね。

それより結構読んで下さっているようで驚きました。

「ええ。 嫌がらせはされますよ」

と笑って答えましたけどね。


誹謗中傷、嫌がらせは最初から覚悟しておりました。

ヤクザ顔負けの口調で「あんたよ~ふざけた事書いて♂×△?*♪▼☆Э!…」とか

こんな事言われても(大半はメールですが)何もめげません。

業界の汚点を無くす目的ならこんな嫌がらせなんて何とも思いません。

な~ん言ってしまうと少々格好付け過ぎですかね。


そんな中、面識の無い方でしたが気になっていた方(同業者さん)と話をする機会がありました。

印材屋さんにその方と名前を間違われてしまった事がきっかけだったのですが、私から声を掛け

させていただきました。

途中で偶然居合わせた技術者の方とは共通の知り合いだったようで、三者で話をし、時間にすると

ほんの五分程度でしたが、予想していた通り実直な方でとても有意義な時間を過ごせました。




ブログ編集者 はんこの印善














プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR