FC2ブログ

大日本帝国賞勲局印

実は、前の記事の印譜から記事を続けようと思っていたのですが、角印ばかりでは見て下さる方に

つまらないのではと考え、この印譜は一旦休止します。

明治初期の貴重な実務印・印譜ですので、私自身は大好きなのですが、見て下さる方あってのブログ

ですので。

今回は大日本帝国賞勲局印を



大日本帝国賞勲局印

二重枠(親子枠)に細篆書体の素晴らしい印影です。

大日本帝国賞勲局印

大きさも二寸(60ミリ)で迫力があります。

右端を見ていただければおわかりいただけるかと思いますが、大正11年に発行されたもので

賞勲局とは、その名の通り勲章を発行する機関です。

勲章は伝統や形式を重んじるという事は私が言うまでもありませんね。

太枠(印章用語では中輪)、二重枠、細篆書体といい素晴らしいものです。

勲章の紹介記事で開運印鑑の話を出すのは、印影を汚(けが)すので最小限にしておきますが

太枠細字、二重枠、細篆書体そして十分にスペースをとった字配りなど

素晴らしいものが「凶印」などと称されている開運印鑑の販売手法はデタラメな事ばかりです。

それらがデタラメである事は、伝統や形式を重んじる賞勲局印は見事に証明しています。

私が別サイトで書いている事をこの印影に言い換えますと、

「それらが凶印という言い伝えがあるならば、伝統を重んじる賞勲局が印章にする訳ありません」

この一言でデタラメを語るに十分だと思います。

まあ、開運印鑑などという縁起の悪い話はここまでにして、同じ勲章の他の印影も


賞勲局総裁印

賞勲局総裁印


賞勲局書記官印

賞勲局書記官印

ここでお詫びを

「勲章ならもっと重要な印影があるはずじゃないですか?」というもっともなご意見の方。

大変申し訳ございません。

実は…

その印影は日本を代表する印影ですので、すみません もう少し後回しにさせて下さい。

その印影では二つ記事を書きますので、誠に申し訳ございませんが後日という事にさせて下さい。

尚、今回紹介した印影は印刷されたものです。

しかし、勲章そのものは本物ですので、印影の効力は本物と同様です。

(印刷されたものなのに一番下の二印影はなぜか曲がって押されていますね)






ブログ編集者 はんこの印善         開運印鑑とは



プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR