FC2ブログ

ひらがなの実印

明治時代の実務印 印譜より

明治時代の実印(手彫り印鑑)

今回はひらがなが混ざる実印について (

明治時代の実印(手彫り印鑑)
太枠細字(中輪細字)実印の中に楷書体の実印が押されているのがご覧いただけるかと思います。

明治時代の実印(手彫り印鑑)
「たまたま楷書体だっただけでは?」とお思いの方にもう一枚

左上の巴もひらがなですが、今回は右中段について

明治時代の実印(手彫り印鑑)

拡大で

明治時代の実印(手彫り印鑑)

こんな感じの組み合わせは他にも沢山ありますが、それらは今後紹介させていただく事にして

ひらがなの実印について

実印は明治以前はほぼ全て篆書体で彫られていました。

明治時代に印章基本6書体の普及で楷、行、草、隷、古印体も実印も作られるようになりましたが

やはり数が多いのは篆書体です。

篆書体というのは中国で生まれた書体です。

ひらがなは御存じの通り日本で生まれた日本固有の文字です。

では、ひらがなの名の人が篆書体で実印(印章)を作る場合、どうするのでしょうか。

現在では全日本印章業協会の印章字林により、篆書体風にしたひらがなが制定されていて

各役所で印鑑登録する際も問題なく登録できます。 (詳しくは各区市町村でお調べ下さい)

でも、協会が制定する前はどうしていたのでしょうか。

問題の前に画像で答えがわかってしまったかと思いますが、ひらがなは篆書体にしませんでした。

画像の様に全ての文字を別の書体にしたり、漢字部分だけ篆書体にして、ひらがなはそのまま

という彫り方にしておりました。

ひらがなに書体という概念はおかしいかもしれませんが、崩し文字である変体仮名なんかはそれはそれで

美しいものです。

平仮名のお名前は男性より女性に多いと思いますが、書体を混ぜてお作りするのも昔風で

いいのではないかと思います。



について

実印とは、フルネームであるか否かで呼ばれるものではなく、区市町村に登録された印鑑の事を言います。

印譜に押してある印影だけでは実印とは判別できませんが、一般的な使われ方で実印と表記しております。





ブログ編集者 はんこの印善


プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR