FC2ブログ

五人組帳

江戸時代の庶民が使用していた印鑑がどのような印影であったかを知る事ができる

貴重な記録である「五人組帳」です。

以前こちらで紹介させていただいたものの続編です。

五人組帳の手彫り

今回は3記事目で、前回は右側のページは前回紹介しましたので今回は左側のページです。



五人組帳の手彫り

右から組頭平七さん  清三郎さん  伊三郎さん  徳兵衛さん  喜三郎さん

右から4番目、徳兵衛さんの印鑑は左右に唐草入りのものです。




五人組帳の手彫り
二段目

右から組頭庄三郎さん  嘉兵衛さん  宇之助さん  安兵衛さん  佐吉さん





五人組帳の手彫り
三段目

組頭庄蔵さん  喜八郎さん  善七さん  小重郎さん  源蔵さん 





このページに載っている印鑑は残念ながら丁寧に彫られたものではないようです。

しかし、江戸時代の庶民が使用していた印鑑(印影)がわかる書類として大切にしていきたいと思います。

困難ですので印文の判読はしませんが、使用者と印文の名が違うものが多い気がします。






ブログ編集者 はんこの印善



プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR