FC2ブログ

御茶處

以前に書いた藩札・茶切手の記事の最後の方に「改めて」という宿題を自分に課しました。

(上のリンク先、下から二番目の写真の茶つぼ型の印影についてです)

明治時代の印譜からその宿題を

御茶所 御茶処 印章 印鑑

これは印文も読みやすいですので説明不要ですね。

お茶屋さんの印鑑(印影)はこの形が非常に多いです。

時間と手間の関係で全てではありませんが、ブログに載せる印影(印文)を検索してみる時がたまにあります。

ブログに載せるには個人情報云々という問題はあるかも知れませんが、これは100年以上前の印影です。

誹謗中傷でなければこの位は大丈夫でしょう。


昔のまま残っていないか。

もし、昔のまま残っていたら、いえ、形を変えてでも残っていたら嬉しいじゃないですか。

いまでもお茶を扱っている商売をしていたとしたら、印影を店主の方に見せてあげたいような

気持ちにもなります。

店主の方が印鑑に興味が無かったら大して感動いただけないかも知れませんが、少なくとも今より

二代くらいは前の店主さんが使っていた印鑑でしょうから、昔を偲んでくれる事でしょう。



という事で、検索エンジンで調べてみましたが、ちょっと検索しただけではわかりませんでした。

お店が現存しているかはわかりませんでしたが、町名を調べてみますとまだ町の名は残っていました。

遠い石川県について私は想像するしかありません。

でも、インターネットは便利ですね。

地図を検索したら古い街並みが残っていそうな地名が集中していたので、

試しに「大聖寺荒町の街並み」と調べてみたら予想通りでした。

地元の方にとってはごく当たり前の風景かも知れませんが、東京住まいの私にとっては新鮮な光景です。

このような街並みを巡り歩いてみたいものです。

昔の印影を見る事は、印章文字の歴史を見られるばかりでなく、人々の暮らしの移り変わりを

見られる面もあります。

印影=暮らしの鏡 とは過言でしょうけど、歴史の教科書には載っていない一面が見られる事は確かです。





◎「インターネットは便利」と書きましたが、誤情報も多々混ざっている事を念頭に調べております。

それこそ「開運印鑑」とうキーワードを検索するとデタラメばかり出てくるので、検索結果が必ずしも正しい

という事ではありません。

本人の「見る眼」が必要だと思います。




ブログ編集者 はんこの印善







プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR