FC2ブログ

四角い認印

明治時代中期の印譜より

一見、どうって事の無いような個人の四角い認印ですが、このような篆書体の崩しは

今ではまず彫られておりません。

四角い認印、実印もこの頃は(丸型の方が多かったとはいえ)ごく普通にありました。

角型認印





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このブログを読んで下さっている方で「最近、記事の文章が単純でつまらない」とお思いの方

少しは居らっしゃるのではないでしょうか。

と、勝手に書いておりますが、毎回珍しい印影ばかり紹介できないのは昔の印譜でも珍しい印影ばかり

ではありませんのでご理解をお願い致します。

あと、頻繁に印相体(開運印鑑)の批判をしていたのが、文章がシンプルになったと同時に、若干批判が

少なくなった事は確かです。

批判が少なくなった方が読みやすいとは思いますし。

実は以前の記事→ 印相体、開運印鑑の嘘 という記事を書いて少しは控えようかなと考えたからです。

開運印鑑というのがデタラメであっても批判ばかりではつまらないですもんね。

上の一記事で印相体や開運印鑑が無くなるとはとても思えませんが、印相体がデタラメ文字である事を

私以外の言葉によって明かす事が出来た内容だと思っておりますので、一旦休止としました。



でも、巷では開運印鑑の勢いが衰える気配は全く感じませんので、また書きますよ。





ところで、上にリンクした過去の記事(印相体、開運印鑑の嘘の一番最後に書いた「宿題」である

手彫り印鑑のデタラメについては既に他で書いておりますのですみませんが→ こちら をお読みいただけますでしょうか。

上のリンク先にも書きましたが、本当に手彫りされているかの証明は全ての彫刻過程を全て見ているか

途中の写真をもって証明するしかありません。

(彫刻過程の一部の見学では意味ありません)


写真で証明という販売店は私が最初に始めた事ではありません。

最近はいかにも本当に手彫りしている雰囲気を出しながら、手彫りしていない印鑑を販売しているお店が増えたので

私が手作りしたサイトではリニューアルして「手彫り印鑑を注文する際は必ず写真を依頼しましょう」

と目立つように改めました。

写真は私が元祖ではありませんが、この方法が定着すれば本当に手彫り印鑑を提供しているお店に共通して

いい事になるのではないかと思っております。


誤解しないでいたっだきたいのは、彫刻途中で機械を使用する「手仕上げ」がいけないのではありません。

私のお店でも「手彫り」以外「手仕上げ」でも承っています。

彫刻方法に問題があるのではなく、「嘘」がいけないのです。

ハンコは印影が重要です。

彫刻方法はあくまでも過程です。

しかし、手彫りという過程を望んでいるお客様を騙していいはずはありません。

印影が重要ではあるものの、「嘘」が混ざっていれば論外です。

「嘘はいけない」というのは社会の常識ですし、幼い子供でもわかっている事です。


例えば、「手編みのセーターだと信じて買ったら、大部分が機械で編まれたセーターだった」なんてがっかりですよね。

その事をお店に苦情を言ったら「セーターは保温性がなによりですよ」という回答があったとします。

「ハンコは印影が重要です」に似てませんか?

論点がズレています。

それは、わざと論点をズラし話の矛先をごまかしているのです。

実際に私は何度も同業者さんに嫌味を言われた事があります。

私に嫌味を言う同業者は・・・

そう。

決まって「嘘の手彫り印鑑」を販売しているお店の方です。

・ハンコは文字が重要です。

・でも、彫刻工程も重要です。

・そして社会では「嘘」「ごまかし」「紛らわしい」はいけません。

印章業界は三番目の「社会で重要な事」が欠けています。

ですから、本物と偽物(偽者)を見分ける為に「手彫り印鑑」だと思って注文する場合は、

必ず彫刻途中の複数の写真も依頼しましょう!

理由は「記念に」と言うだけで十分だと思います。

金額の大小は関係ありませんが、現実問題として千円位のもので写真を依頼するのは気が引けると思います。

しかし、高価な手彫り印鑑を注文する時は、そのぐらいの希望を受けてくれてもいいはずですよね。

ですから、堂々と依頼してみましょう。

喧嘩を売る事が目的ではないので、言葉はあくまでも丁重に、しかし気持ちは堂々と依頼してみましょう。

ホームページに写真を載せているお店でしたら快く応じていただけるはずですよね。

手彫り印鑑の字入れ

手彫り印鑑の粗彫り 

手彫り印鑑の粗彫り


編集者 はんこの印善 





プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR