FC2ブログ

藩札

久しぶりに藩札を紹介させていただきます。

といってもここは藩札ブログではなく手彫り印鑑ブログですので、印影やその後明治印判師の原点となった

彫刻の画像を中心に紹介させていただきます。

藩札に押された手彫り印鑑

今回は向かって左 播磨國(現 兵庫県)上松村の私札です。


藩札に押された手彫り印鑑

この私札は他にも数種類ありますので、順次載せていきたいと思います。


藩札に押された手彫り印鑑

裏面は上に八方崩しで彫られた分銅型印鑑、下には大篆(柳葉篆)で彫られた印が押されています。


藩札に押された手彫り印鑑

吉祥模様は彫られておりませんが、文字が美しく典型的な古風の印影も楽しめるので私のお気に入りです。

藩札に押された手彫り印鑑



くっきりとした太枠に細篆書体の美しい古風の印影です。

藩札に押された手彫り印鑑


八方崩しで彫られた分銅型の印鑑です。

藩札や明治時代の印鑑には分銅型も意外と多かったのですが、分銅型といっても丸型ばかりでなく

小判形をベースにしたものや、左右の丸の大きさにもそれぞれ違いがありました。

藩札に押された手彫り印鑑(分銅型)(八方崩し)



最後は大篆(柳葉篆)で彫られた印鑑です。

藩札に押された手彫り印鑑



ブログ編集者 はんこの印善










プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR