FC2ブログ

御朱印

今回は個人的な思い入れのある印影をピックアップさせていただきました。

手彫り印鑑 御朱印

昭和6年に押された江島神社(江ノ島)の御朱印です。

手彫り印鑑 御朱印

摩耗だと思いますが、印影はよく写っておりません。(↑)

しかし、印篆である事はわかりますね。


下は印文の通り岩屋(洞窟)の参拝記念印です。

手彫り印鑑 御朱印

冒頭の個人的思い入れとは

江ノ島といえば関東の人にはお馴染の観光地ですね。

わたくし事ですが、今から数十年前の若い頃、一時江の島の近くに住んでいた事があります。

江の島でもよく遊び、橋とは反対側の岩場にある岩屋洞窟の付近でも何度となく遊びました。

今、といっても最後に行ってから5年位は経ちますが、洞窟は整備され観光地化されています。

でも、私が近くに住んでいた頃は廃墟というか単なる洞窟でした。

入口には「危険立ち入り禁止」「落盤注意」という看板が掲げられていたのでやたらと入ったりは

しませんでしたが、「肝試し」のような感覚で何度か中に入った事があります。

当時の洞窟は、前述した通り廃墟のような感じだったのですが、すっかり錆びていたとはいえ

落盤から守るフェンス状の古い坑道のような通路がありました。

施設(坑道状の通路)が古く錆びている為、友人達と勝手に「戦争時の防空壕だったんじゃないか?」

などと言っていましたが、後になって印影を見て、昔は参拝されていた洞窟だったのだと知りました。

当時の状態は参拝する環境が以前あったとは微塵も感じられない荒れた状況でした。

あの荒れていた場所も昭和6年当時は参拝するような整備された洞窟だったのだと知り、印影を見た時は

時の移り変わりを深く感じたものでした。




プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR