FC2ブログ

明治時代の実務印 印譜より

個人の印を続けます。

明治時代の実務印 印譜より。

明治時代の手彫り印鑑 


久しぶりに朱白混合です。 (朱白文相間印)

よくある曲線型ではなく直線で分けられて中央に稲妻型のワンポイントがあるタイプですが

このタイプも結構多くありました。

明治時代の手彫り印鑑 

昔の女性のお名前はひらがなが多かったですね。

ご存知ひらがなは日本特有の文字です。

篆書体が出来た頃(小篆を中心に考え「秦」の時代とします)は当然ひらがなはありませんでした。

篆書体は中国で生まれた書体ですし、ひらがなは中国の文字ではありませんので当然ですね。

今は印章業協会が作成した「印章字林」によりひらがな、カタカナの篆書体で彫られていますが

これらは篆書体「風」のひらがなカタカナです。

前置きが長くなりましたが、では印章字林が出来る前はひらがなカタカナの実印はどうだったのでしょうか。

明治時代の手彫り印鑑 

篆書体風のひらがな、カタカナで彫ったという事はまずありません。

楷書体が一般的でした。

中には、苗字などの漢字部分だけ篆書体で、ひらがなやカタカナのみ楷書体という書体混合も

多くありました。




明治時代の手彫り印鑑 

太枠細字と太細二重枠(親子枠)の印影です。

いかにもこの時代という感じの印篆です。


最後は6分の太枠細字です。

6分=18ミリの個人の実印はこの時代は少ないです。

明治時代の手彫り印鑑 

個人の印鑑の大きさについて 後ほど追伸として文を追加させていただく予定です。

・・・「後ほど」という宿題が多い気がしますが、印鑑のサイズについてはお店に問い合わせが

多い事ですので、ちょうどいい機会ではないかと思い、サイズについては後ほど追伸というかたちで

プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR