FC2ブログ

明治時代の連判状

ここのところ落款的な印影などで個人の印影は出しておりませんでしたので今回は連判状から

実はこの連判状は二度目の紹介です。(別の印影です)

明治43年の連判状より。

明治時代の手彫り印鑑 連判状


江戸時代の連判状には雑に彫られた印が結構ありますが、この連判状に押された中輪細字のものは

丁寧に彫られているようです。 (押印ではなく印章彫刻が丁寧という意味です)

明治時代の手彫り印鑑 連判状

明治時代の手彫り印鑑 連判状

齋藤清太郎さんは「齋清」

齋藤藤七さんは「齋藤藤」と彫られています。

明治時代の手彫り印鑑 連判状

高橋榮次郎さんは「高榮」ですね。


明治時代の手彫り印鑑 連判状

齋藤半次さんは「齋半」と彫られています。

「半」という篆書体の形など字書と照らし合わせながら参考とさせていただいております。

明治時代の手彫り印鑑 連判状

明治時代の手彫り印鑑 連判状






プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR