FC2ブログ

手彫りゴム印

今回は大正時代の手彫りゴム印の印譜より

手彫りゴム印

今回はゴム印ですが、印鑑は文字が重要である事はいうまでもありませんよね。

もちろん手彫りゴム印も同様です。

手彫りゴム印の場合は、印鑑と違ってゴムの板に逆さ文字を直接書いたりはしません。

ガンピという薄い紙に字割りをし、正字(普通の字)を一筆書きで書きます。

一方、朱肉を付けて押す印鑑は印面に逆さ文字を書く「字入れ」の際、多少は修正をしながら

文字を完成させます。

どちらも字(書)に心得がなくては出来ませんが、木口印鑑(朱肉を付けるハンコ)は、何回も修正

して文字を完成できるのに対し、手彫りゴム印は一筆書きでここまで上手に書けなければなりません。

ロゴマークや太い文字などはもちろん修正しながら書く場合もありますが、木口印章のように墨(黒)

で書いた文字を朱墨で消して修正するようにはできないので、より書が達筆でなければなりません。

くどい(?)説明はこの辺にして印影を


薄くなってしまっているのが残念ですが、草書体が美しい手彫りゴム印です。

手彫りゴム印


こちらは創作文字風です。

今でいうところの「ポップ調フォント」のような感じです。

手彫りゴム印


かわってこちらは素晴らしい行書体です。

手彫りゴム印

手彫りゴム印

理髪器具の会社のようですね。

手彫りゴム印


最後は素晴らしい楷書体の手彫りゴム印ですが、住所と取り扱い品目を見てハッと思いました。

手彫りゴム印


茨城県の真壁で「土器素焼き一切」と書いております。

陵墓印について書いた前の記事に一旦戻ってみていただけますでしょうか。

真壁に行った時に土器や埴輪のようなものが沢山ありました。

気になって調べてみたところ、ゴム印の名とは違うお店のようですが、おそらくこの辺りで

素焼きが盛んだったのでしょう。

手彫りゴム印

ゴム印が作られた大正時代で既に四代目(印影より)

当時の素焼きを是非見てみたいです。

個人情報云々という大切な事もありますが、昔の素晴らしいものを眠らせておかず次世代へ伝える

とご理解いただければ幸いです。

昔の印影にいろいろな思いを馳せてみるのもいいと思います。




今回は少しだけ宣伝させていただきます。

古き良き時代の手彫り印鑑・手彫りゴム印は、はんこの印善








プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR