FC2ブログ

古き良き時代(ビンテージ)

今回はお店の宣伝を兼ねてビンテージ品の紹介をさせていただきます。

ビンテージの印鑑など聞いた事が無いと思いますが、しつこいほど私が用いる言葉

「古き良き時代」の印鑑(印材)です。

よくありがちな「訳あり商品」という名の処分品ではありません。


何十年も前に作られた印材ですので色落ちや傷は確かにあります。

しかし、あくまでもビンテージでありもちろん中古品や再利用品ではありません。

まずは印判カタログから

昔の印章カタログ 手彫り印鑑
これは明治時代の印判広告ですが、写真の上に書いてある通り昔のカタログを紹介したものです。

(これは昭和49年のカタログに載っている写真です:広告自体は126年前のものです)

角印の印材が描かれていますが、印材の上の部分(印面ではなく反対側です)の形を下の写真と比べてみて

いただけますでしょうか。

手彫り印鑑 角印(印材)

この印材は今使われているごく一般的な形で、印相印に用いられる極度のカド丸印材を除くと

ほとんどの角印はこの形をしております。

上のカタログに載っている印材と明らかに上の部分が違いますよね。

そしてこちらビンテージ品です。
手彫り印鑑 昔の角印

古き良き時代の手彫り印鑑

これらはリメイクした印材ではありません。

印材製造元に依頼しても現在では作成を引き受けていただけない貴重な材料です。

まだ準備はできておりませんが、「古き良き時代の印鑑」を基本姿勢とする私のお店で

近々注文をお引き受けさせていただく予定です。

という事で宣伝で恐縮です 【 古き良き時代の印鑑 はんこの印善 】


写真で紹介させていただきます

昔の手彫り印鑑

写っている印材が重複していますがご容赦下さい。

手彫り印鑑 象嵌・牙次・桑印材

民生・象嵌・手彫り印鑑
幻の印材「民生」です。


左端の濃い茶色の角印は桑の印材です。 

桑の角印に半分隠れてしまっていますが、後ろは牙次の割印です。

象嵌、坪付き、牙次、桑印材など、ビンテージ印鑑は完全手彫りでどうぞ
手彫り印鑑 ビンテージ



最後にもう一度宣伝で恐縮です

古き良き時代の手彫り印鑑は はんこの印善
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR