FC2ブログ

KF印鑑ケース(印章ケース)

KF牛革ケースです (実印標準付属ケース)

KFケース 印鑑 印相体

標準付属ケース(牛革) 内側  (標準品は鶴亀+赤です)

KFケース 印鑑  印相体

イブシフクリン(燻し覆輪) 枠

KFケース 印鑑 印相体 イブシフクリン

イブシフクリン枠の見本です。

革部分ではなく、枠部分をご覧いただけますでしょうか。  (革は現在の仕様と異なります)

KFケース 印鑑 印相体 イブシフクリン

内側は鶴亀模様+紺または赤になります。

KF印鑑ケース

KFトカゲ革ケース(↓)
KF印鑑ケース

朱肉入れに蓋は付いておりませんが、蓋付きのご要望がございましたら、お申し付け下さいませ。

KF印鑑ケース

標準品のケースの朱肉入れには蓋が付いておりませんが、蓋有りが上質で、蓋無しがそれ以下という事ではありません。

KFケースの朱肉入れに蓋が無い理由→こちらを参考にして下さい。





池永道雲 印稿

新年あけましておめでとうございます。

何とブログを1ヵ月以上更新していなかったら、広告が表示される様になってしまいました。

お客様から「ブログやめちゃったんですか?」という問い合わせをいただいて、初めて気付いたというお粗末さで

申し訳ございません。

1ヵ月更新しないと大きく「更新されていません」と表記され、広告も表示されてしまいます。

慌てて今更新し、広告非表示設定をしているのですが、現時点でまだ表示されてしまっていますね。

一応サーバーの会社には問い合わせメールを出しておきますが、対応は正月休暇明けになるのでしょうかね?

何年も前からサーバーやドメインを変えないと、と考えていたものの、そのままにしてしまったツケが来てしまいました。

と、余談が長くなりましたが、今回は何回か紹介した事がある印稿です。

印相体

「池永道雲印稿」と呼んでいますが、真贋の程は定かではありません。

製本は大正期(再生紙の年号から推測)ですが、虫食いの印稿を貼り付けた製本ですので、印稿そのものはもっと古い

はずですが、さすがに(池永道雲さんの)江戸時代のものではない気がします。

吉相体

見事な龍紋ですが、文字部分に虫食いが生じてしまっているのが残念です。

印篆

タイトルも含め「印稿」と書いておりますが、その通りこれは印影ではなく、その見本となる手書きの印稿です。

柳葉篆

池永道雲と言えばやはり柳葉篆ですね。


ブログ編集者

印鑑帳

ずっと明治時代の印鑑(印影)が続いていましたので、久しぶりに江戸時代の印章資料を紹介させていただきます。

印鑑帳 印相体

このブログでは何回か紹介させていただいている印鑑帳です。

江戸時代の五人組御仕置帳も印鑑登録制度の原点と言われておりますが、この印鑑帳は、その名の通り

印鑑登録制度そのものの記録帳です。

印鑑帳 篆書体

達筆な草書体で書かれている典型的な江戸時代の台帳です。

印鑑帳 手彫り印鑑

江戸時代の書類に多かったこの「印鑑」という文字、ハンコ屋にはたまりません。

印鑑帳 開運印鑑

今回は左から二番目を紹介させていただきます。

印鑑帳 篆書体

-------------------------------------------

恒例の「行ってきました茨城県」シリーズです。

久しぶりの茨城県ですが、今回はお正月休みもあって、二日連続で行く事が出来ました。

(ですので、写真は二日分が混ざっております)

石岡市 自然 八郷 筑波山

青空の下に見えるのは筑波山です。

石岡市 自然

こちら定点撮影スポットの反対側です。

石岡市 自然 八郷 焚火

私が管理している森へ行き、焚火で暖をとります。

石岡市 自然 八郷 栗の木

栗は落葉樹なので、冬に葉っぱが無いのは不思議ではないのですが、この栗はカミキリ虫にやられてしまい

もうダメかも知れません。

石岡市 自然 八郷 柿の木

こちらは柿の木です。

人間の都合で恐縮ですが、実が手の届かない場所まで育ってしまったので、上の方はこの冬に大きく剪定する予定です。

石岡市 自然 八郷 笹

今回は訳あって笹の葉の写真を沢山撮ってきました。

まだ計画段階ですので詳しくは言えませんが、仕事に生かす予定です。

石岡市 笹

石岡市 笹

笹ばかりです。

この笹が土地の大敵で、夏は「笹狩り」と思えるほど草刈りをしなければいけなくなります。

石岡市 笹

そんな大敵の笹ですが、今回はその笹を仕事に関連付けしている段階です。

よく私は「口先だけ」になってしまうので、今回は大口を叩かず、出来上がりまで内緒とさせていただきます。

ヒントは「笹」のみ。

石岡市 自然 八郷

たまに見学に行く「時代から取り残された町」のお寺に行ってきました。

( 「時代から取り残された町」 というのは私が勝手に名付けただけです)

いつも同じ角度から撮っておりますが、実はここから先へ進むと犬が吠えて「外部侵入者あり」の様な状況になってしまい

「あんた誰?」みたいなよそよそしい雰囲気の中で見学する事になるので、部外者(=私)はここまでにしております。

石岡市 自然 八郷

石岡市 自然 八郷

夕方にフラッシュを焚いたので深夜のお寺みたいになりましたが、夜中ではなくこんな感じ↓です。

石岡市 自然 八郷

名残り惜しいですが、そろそろ帰りの時間になりました。

石岡市 自然 開運印鑑


石岡市 自然 印相体

私の写真の腕が悪いのでこの程度ですが、写真の何倍も幻想的な夕日でした。

ここにヤシの木でも生えていたら、和の世界からまるで「ロサンゼルスの夕日」みたいな気分になれるような素晴らしい景色です。

石岡市 自然 吉相体

中央に富士山が写っているのはおわかりでしょうか。

ロサンゼルスに富士山はありませんので、やはりここは日本という事で。

茨城最高です!


ブログ編集者

白文

ここのところまた更新が滞っておりました。

更新をスムーズにする為に、今回説明は極力省きます。

印相体 明治時代の印鑑

明治時代の驚愕印譜です。

「驚愕印譜」という言葉は確か2回目だった気がしますが、前と同じ印譜だったかどうかは定かではありません。

まあ、明治時代の手彫りは凄いものが多かったので、驚愕印譜が複数あったっていいと思いますので・・・


吉相印鑑 明治時代

今日紹介するのはこの白文(白抜き文字の印鑑)です。

個性的な作風ですが、書体は古印体ですね。

印相体の無かった時代の印鑑は、素晴らしいものが多かったですね。



ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR