FC2ブログ

手彫り印鑑の彫刻工程

久しぶりの手彫り印鑑の彫刻工程写真です。

まずは、掲載をご承諾下さいましたお客様へ、心より御礼申し上げます。

「手彫り印鑑」として販売されているハンコの99.9%は手彫りされておりません。

ですので、手彫り印鑑を購入する際は、必ず下の様な写真撮影を依頼しましょう。

写真を依頼するなんて、普通は言いづらいですよね。

でも、心配ご不要です。

撮影依頼のコツは後半のリンク先に・・・

前置きが長くなりましたが、手彫り印鑑の彫刻工程写真をご覧下さい。

小判型手彫り印鑑(印相体でハンコを作るのはやめましょう) 

主に明治時代から使われてきた小判型印鑑です。

手彫り印鑑は印面に逆さ文字を手書きするところから始まります。

(注1 手書き文字を転写する事も手彫り印鑑の定義として認めされています)
(注2 手書きする前に印面を綺麗にする「印面調整」を行います)

小判型手彫り印鑑(印相体でハンコを作るのはやめましょう) 

文字の周りが歪になっているのは、朱墨で修正をした形跡です。  (書体は隷書体です)

おおまかに書いた状態で荒彫りをしますと、結局仕上げ彫りが大変な作業になるので、字入れから丁寧にこなす必要があります。

小判型手彫り印鑑(印相体でハンコを作るのはやめましょう) 

状況により例外はありますが、基本は枠どりから彫り始めます。

小判型手彫り印鑑(印相体でハンコを作るのはやめましょう) 

手彫りの写真を依頼するポイントはこの様な「途中」の写真です。

各工程が終了した時点での 「きりのいい段階」 の写真は手彫りの判別にはなりません。

(その理由は後半リンク先の「写真撮影依頼のコツ(正真正銘の手彫り印鑑」で)

小判型手彫り印鑑(印相体でハンコを作るのはやめましょう) 

文字がなるべく土手状にならないよう、丁寧に彫る事が荒彫りの基本です。

小判型手彫り印鑑(印相体でハンコを作るのはやめましょう) 

工程名こそ 「荒彫り」 ですが、そのまま捺しても問題ない位丁寧に彫るのが、いい手彫り印鑑を作る道です。

小判型手彫り印鑑(印相体でハンコを作るのはやめましょう) 

最後は印面に墨を塗って見やすくして仕上げ彫りです。

手彫り印鑑を注文する場合は、必ずこの様な写真の撮影を依頼しましょう。

撮影を依頼するコツはこちら→正真正銘の手彫り印鑑 をご覧下さい。





   手彫り印鑑の注文をご検討のお客様へ (免責事項)

 当店では手彫り印鑑をご注文いただきました全てのお客様へ、彫刻途中の写真を差し上げております。

 ホームページ上で紹介している写真は、写りが良いものを選んだ上でお客様のご承諾をいただき掲載

 しているものです。

 写真は素人撮影ですので、写り具合の悪い場合やデータの損失、またはうっかり撮り忘れも有り得ます。

 (写真を差し上げるサービスを行ってから撮り忘れは一度もありません)

 これらの理由により写真を差し上げられない場合でも、間違い無く手彫りを行っております。

 その為、写りの悪い場合や、写真そのものが差し上げられない場合でも、返金等は出来ません事を

 ご理解下さいませ。

 (写真の写りの悪さ、及び差し上げられない場合差し上げられない事は免責とさせていただいております)

 尚、当店の彫刻方法は「手彫り」と「手仕上げ」の彫刻方法でお承りさせていただいておりますが

 写真サービスは手彫り印鑑のみとなります。






ブログ編集者

KF本チャリケース

4月6日のテレビ東京「和風総本家」で採り上げられた事を6月2日と5日にブログ記事にして

続きを・・・と予告したままになっていたKF本チャリケースについてです。

お待たせしました。

これは「当店だけ」の特別コーナーです。

(「当店だけ」については、誤解など無いよう説明をよくお読み下さいませ)

KF[印章ケース イブシフクリン 手彫り印鑑にはKFケースをどうぞ。 印相体でハンコを作るのはやめましょう。

これはKF本チャリ印章ケースです。

KF印章ケースは、牛革、本チャリ、トカゲ革、ワニ革のケースがあります(外側の革です)

「牛革、トカゲ、ワニはわかりますが、本チャリって何ですか?」と何度か問い合わせをいただいた事があります。

チャリ革は山羊革を特別加工した革の事ですが、明治時代に日本に皮革加工技術を指導したチャールス・ヘンニクル氏の

名からチャリ革(茶利革)と呼ばれ、今では主に山羊皮をモミ加工した革を指します。

比較写真は用意してありませんが、よくある牛モミ革とは異なる、細かいモミ革加工がチャリ革の特徴です。

チャールス・ヘンニクル氏 = チャーリーさん= チャリ革(茶利革)と呼ばれるようになったという、嘘みたいな本当の話です。

それでもなかなか「チャリ革」って聞かないですか?

全て調べた訳ではありませんが、印章ケースとして今ではKFケース以外に聞きません。

それでも、昔は印章ケースに使われる革としては一般的だったのです。

KF本チャリケース 印相体

これは大正時代の印章カタログです。

牙次角印など魅力的な印材につい目が行ってしまいがちですが、それはさて置き左端以外は全てチャリ革のケースです。

KF本チャリケース 印相体

これ↓は別のカタログです(大正時代)

KF本チャリケース 印相体

「サック」とありますが、昔は印章ケースの事を印章サックと言う事が多く、KF印章ケースも「KF印章サック」という名前でした。

話はチャリ革に戻します。

(繰り返しますが)量販型モミ革ケースとは一味違う、この細かいモミ加工はチャリ革ならではのものです。

KF印章ケースのチャリ革は、独特の「ごわごわ感」が特徴でした。

「・・・でした」とは過去形の表現ですが、現在は若干ソフトな感じになっております。

実は、KFケース用のチャリ革を加工していた革職人さんがお亡くなりなりなったので、山羊革ケースは続けるものの、

以前と同じチャリ革でのケースはもう作成出来ないのです。

が、しかし当店用には旧本チャリ革が確保してあります。

残りの個数は、例えば18ミリと10.5ミリでは革の使用面積が異なりますので、何とも言えませんが、

現段階では十分な個数の作成が可能です。

そこでこだわりのイブシフクリンなどいかがでしょうか。

KF[印章ケース イブシフクリン 手彫り印鑑にはKFケースをどうぞ。 印相体でハンコを作るのはやめましょう。

そもそも旧本チャリ革+イブシフクリンのケースなんてまずありませんし、現段階では(旧本チャリでは)当店のみです。

KF[印章ケース イブシフクリン 手彫り印鑑にはKFケースをどうぞ。 印相体でハンコを作るのはやめましょう。

覆輪(フクリン)も私が知る限り今はKF印章ケースのみです。

今日は宣伝ブログとなりましたが、こだわりのケース「KF本チャリイブシフクリン」はいかがでしょうか。

ここで 「当店だけ」 について誤解を生じてはいけませんので、補足説明を

・問屋さん、小売店さんが以前に発注したKF本チャリケースを在庫として確保しているものを除きます。

・ソフトな本山羊革がいけない訳ではありませんので、旧本チャリ革の在庫が終了しても山羊革ケースの販売は続けます。

・革は天然素材ですので個体差があり、二つとして同じものはありません。

その為、写真とは雰囲気が異なる場合があります事をご理解ご容赦お願い致します。


KF本チャリ印章ケースは はんこの印善 まで

戦前の御朱印

昭和初期に押印された御朱印です。

御朱印 印相体

調べると京都のお寺のようです。

御朱印 印相体

九本以上折り畳まれている箇所もありますが、これは紛れもなく九畳篆ですね。

九畳篆は久しぶりの紹介となります。

御朱印 印相体

次はこちら

御朱印 印相体

こちらも京都のお寺のようです。

御朱印 印相体


御朱印 印相体

画像検索しますと、今の御朱印と比較ができ、微妙な違いなどもわかります。

------------------------------------------------------------

恒例の週末郊外で、これまた恒例の定点観測ポイントで撮影です。

田んぼ

いい季節になりましたが、これだけ晴れるとやはり暑いです。

ヤマユリ

おかしな日本語になりますが、これは私が放ったらかしで育てているヤマユリです。

花と種が楽しみです。

ブログ編集者



お客様へ

只今、ブログ編集者である店主が、緊急入院になり、お店は休業しております。

来週中には復帰したいのですが、退院日の確定はしておりません。

メールを頂きましても読む事がなかなか出来ません。

お客様には多大なご迷惑を掛けてしまい申し訳ございません。

早く復帰出来るよう頑張りますので、今後とも宜しくお願い致します。

復帰しましたら、また印相体の真実や手彫り印鑑について、思いきり書いていこうと思いますので、

宜しくお願い致します。

印相体 開運印鑑 

前の記事に書きました通り、現在入院中ではありますが、頭はハッキリしております。

パソコンは使えず新規の写真はありませんが、過去の記事からピックアップして更新させて頂きます。

スマートフォンからの更新の為、改行の間隔がつかめず、読みづらい場合は申し訳ございません。

とりあえず今回は「印相体はデタラメ書体」である事のおさらいです。

まずは昭和50年に発行された印章資料「印海」から。



印相体を語る上で赤枠の中は全て重要な言葉ですので、 よくお読み下さい。

冒頭の「最近」というのはもちろん昭和50年当時を差します。

(印相体は昭和に創作された書体です)

「勝手なくずし方ではない」というのはもちろん篆書体の事で、 逆に印相体は漢字の歴史を無視した

勝手なくずしである事が、文章から読みとれますよね。

ちなみに「印章資料に書いてあるから印相体はいけない」のではなく、

「いけない事」を印章資料が記しているのですので、 その事は誤解の無いようお願い致します。

…って、普通の方はこんな説明しなくても わかりますよね。

私が印相体のデタラメを公表している事に業を煮やした(?)印相屋さんが、

わざわざ歪曲解釈して 解説していらっしゃったので 念のため。

(後半は後で削除するかも知れません)

大篆 笹字

このブログではお馴染みの大篆風の文字です。

笹文字(笹字)または柳葉篆(ゆうようてん)とも言います。

例によって今回も過去の記事からピックアップしたものです。



大正時代の印章カタログより。



印相体が創作される前の印章資料は、いい見本が沢山あり、印章人としては大変参考になります。



印章業界では 大篆(だいてん)と言っておりましたが、篆書の崩しが印篆のものもあるので、このブログでは大篆風と言い「風」という表現にしておきます。

特徴は丸みを帯びた柔らかい文字で、起筆・終筆が尖っているところです。

柳葉篆とか笹文字と呼ばれるのはそれ故です。



今ではめっきり姿を消してしまった大篆風笹文字(柳葉篆)ですが、当店でしたら普通にお承りさせて頂いております。

ホームページのご注文ページには(現時点で)書体選択肢がありませんので、大篆風をご希望の方は直接お問い合わせをお願い申し上げます

★只今店主入院中の為、お問い合わせは概ね26日以降でお願い致します。

はんこの印善

隷書体と篆書体

例によって過去の記事からのピックアップです。

まずは隷書体の印影をご覧下さい。



もうひとつ隷書体を



丸と角との違いはありますが、共通するのは文字数が行により異なる事です。

楷書体もそうですが、隷書体は基本的に空間を強引に埋める事はしません。(例外はあります)

それに対して篆書体は



いちばん左の文字は「印」という篆書体です。

篆書体の字典をご覧下さい。



下の写真はどちらも「石」の篆書体です。





上の二枚の写真をご覧頂ければ、篆書体は他の書体と違い、文字数や字配りに合わせてバランスを変えられる

印章向きの文字である事がおわかり頂けると思います。

もちろん全てはケースバイケースですので、例外はありますが。

印鑑の上下のしるし

またまた例によって過去の記事からのピックアップです。

「例によって」とは何ぞや?という方は7月14日のブログをお読み下さい。

今回は昭和49年の東京印章協同組合の印章カタログからです。

そのカタログの実印紹介のページです。



タイトルは「印鑑の上下のしるし」ですが、正確には「印鑑」ではなく「印章」です。



全て上下のしるし付きですね。

(これは「丹」と呼ばれる上下のしるしです)

「上下のしるしは良くない」といういい加減な話に惑わされず、 使い勝手の良いものをご自身で考え注文しましょう。

「慎重に捺す為に印面を見る」?

それならば尚更しるしのある印章にしましょう。

だって、印面を見て上下を確かめるより、しるしを見て捺す方が確実ですよ。

大切な書類であれば尚さらです。

書類に集中し、印章の上下で惑わされないようにしましょう。

ちなみにこの上のカタログの実印(個人用)で紹介されているのは、全て印章の長さ(丈)が45ミリのものです。

「短いハンコは縁起悪い」??

よく印相屋さんが、おっしゃってますが、昔の印章は大抵45ミリや36ミリだったので

どの古文書にそんな事が書いてあるのか是非(印相屋さんに)問い合わせてみましょう。

★昭和に出版された印相本には書いてありますが、開運印鑑を広める人が書いた本ですので…

(問い合わせの際は、本の名前と出版年月も聞いてみるといいと思います)

石川県の思い出

毎回しつこくてすみませんが、例によって過去の記事からのピックアップです。

明治時代の印譜より



石川県の尋常小学校の角印です。





印文にちなんで昨年行った石川県の思い出写真から…



黒島です。



昔の漁村の面影が残っている場所です。

実際に人々が生活していますので、大挙して押し寄せるような観光地ではありませんが、

能登半島へ観光する方にはお奨めします。

石川県の思い出 2

明治時代の印譜から石川県の尋常小学校の角印です。

書体は古印体。

毎回同じフレーズで恐縮ですが、只今ブログ管理人が入院中ですので過去の記事からのピックアップです。



印文にちなんで昨年行った石川県の思い出写真から。

輪島市の古民家「時國家」です。



本家と分家で「上時國家」と「下時國家」に分かれています。

二軒は近いので、輪島市まで行くのであれば、二軒とも行く事をお奨めします。



写真からではわからないかも知れませんが、とにかく「凄い」だらけです。

柱の大きさ、天井の高さなど、全てに迫力かあります。









これ↑は屋根まで見える位置を下から撮影したのですが、写真では高さが今一つわかりませんね。





1つわからなかったのは、北国なのに結構急な石畳になっている事です。

雪が降れば確実に滑りそうです。

それはさて置き、輪島市へ行くなら是非時國家を見学される事をお奨めします。

石川県の思い出3

毎回しつこいですが、ブログ管理人が入院中の為、過去の記事からのピックアップとなります。

明治時代の印譜より。(書体は古印体です)



こちら↓は楷書体です。



またまた印文にちなんで昨年行った石川県の思い出写真を。



金沢の兼六園です。↑

素晴らしい庭園というのは想像していましたが、巨木が多いのに驚きました。



金沢の東茶屋街

東京には多分この様な街並みは残っていないでしょう。



(東茶屋街の)中心部もいいですが、ちょこっと外れたところにこんな店があるのも素敵です。



千里浜なぎさドライブウェイです。

日本で唯一砂浜を車やバイクで走れる場所だそうです。

事前に調べていたので驚きませんでしたが、実際に目の前で見ると

珍しくて新鮮でした。




これは金沢市で偶然見つけたものですが、ハンコ屋としてつい目が行ってしまいました。



篆書の石碑ですが、この字だけは古来からの篆書じゃなく印章新体という文字です。

へぇ~ 石碑にも印章新体が使われているんですね。

封緘印

まだ過去の記事からのピックアップが続きます。

明治時代の印譜より柳葉篆(笹文字)の封緘印です。



笹文字が苦手な方も居らっしゃるかとは思いますが、これは比較的癖のない笹文字で、バランスもいいと思いませんか。

印相体について

毎回同じ事を書いておりますが、ブログ管理人が入院中の為、過去の記事からのピックアップとなります。

昭和47に業界で配布(販売)されたポスターです。



赤枠から上がポスターで、赤枠内の文章がポスター作者様のコメントです。

まずはポスターから。

象がハンコを踏みつけている、ハンコ屋にとっては衝撃的な絵です。

踏みつけてられているのは印相体で彫られたハンコです。

私がどうして印相体を批判しているのか、この絵を見て頂ければ、細かい理由はともかく「えっ?印相体をよく知る必要があるかも…」

という事ぐらいはおわかり頂けるのではないかと思います。

印相体を知る上でポスターの絵も重要ですが、赤枠内の作者様のコメントを一言一句逃さずお読み下さい。

印相体という書体は昭和30年代に開運印鑑を販売する為の書体として創作されました。

篆書体の慣習を無視した異様な文字、それが印相体です。

それについては右側赤枠の冒頭部分に記されています。

「開運」というのは古来からの言い伝えあっての開運ですよね?

ハンコを売る為にテキトーに考えた話で開運?

そんなのっておかしいですよね。

ここで言う「テキトー」とは「適当」という意味ではなく「いい加減」という意味です。

私は説明が長くなりましたが、ポスター作者様は簡潔明瞭に「迷信」と述べております。


現在、印相体の扱いはいくつかに分かれております。

長く説明すればする程わかる、という訳ではありませんのでなるべくシンプルに書きます。

①書体選択肢の1つとして可もなく不可もなく取り扱っているお店。

②開運印鑑の秘伝の書体であるかの如く、昭和のセールストークで販売しているお店。

③「新しい書体」として独創的に売り出そうというお店。

ざっとこんな3通り位でしょうか。

①は「売れれば何でもいい」というお店。
②はいまだに「迷信」を売り物にしているお店。
③については例え話で…

「偽札はいくら工夫しても真札にはならない」

私がどうして徹底的に印相体を批判するのか?

印相体がどうして偽札に例えられるのか?

ポスター作者様の赤枠内のコメントを何度も読んで下さい。

シンプルて分かりやすいはずです。

明治印譜より 開運印鑑?

例によって過去の記事からの再ピックアップとなります。

手彫り印鑑

一つの印章に龍紋と雷紋の両方が彫られている素晴らしい縁起のいい印鑑です。

もちろん彫られている書体は印相体ではありません。

龍刻・雷紋の手彫り印鑑

これはまた別の印鑑ですが、これも龍紋と雷紋彫られていて、印相体ではない正統派印篆ですね。

龍紋・龍刻・雷紋の手彫り印鑑

この二つこそ、縁起模様に囲まれた真の開運印鑑と言っていいのではないでしょうか。


唐草文様の印鑑

お気に入りの明治時代の印譜から。

明治時代の印譜 印相体

今回はこちら。

明治時代の印譜 印相体

端正な唐草文様が美しい印鑑ですが、彫られている篆書体も今はまずしない崩しが素晴らしい中輪細篆書体の印鑑です。


明治時代の印譜 印相体

印鑑は原寸で見るのが一番です。

このブログではお馴染のセリフですが、パソコンでご覧の方はモニターから少々離れてご覧になって下さい。

----------------------------------------------------------

ここのところ病院からブログを更新しておりましたが、ようやく退院する事ができました。

ご迷惑をお掛けしたお客様に心よりお詫び申し上げます。

そしてブログをご覧いただき、温かいお言葉を下さった方々に心より御礼申し上げます。

また、FaceBookで励まして下さった知人、友人、同業者様にも御礼を申し上げます。

入院の理由は病気ではなく足の怪我です。

7月11日に緊急で入院し、翌日手術をしました。

細かい経緯をブログに書く事は避けますが 「皆さん交通ルールは守りましょう」

これで何となくおわかりいただけるのではないかと思います。

現代の医学、そして万全の態勢で面倒をみてくれた病院に感謝します。

2週間弱の入院というのは、世間では長いのか短いのか、そもそも平均という基準があるのかはわかりませんが

私にとってはとてつもなく長い日数でした。

一番の心配は(皆さん同じだと思いますが)仕事です。

入院期間を前半、中盤、後半と三段階に分けますと、一番落ち込んでいたのは中盤です。

前半は手術後直後で仕事を心配する余裕がなく、また、納期の遅れが出て間もない頃でしたので、それほど落ち込んで

おりませんでしたが、中盤は「いつ頃退院出来るの?・・・」という不安で、暇は存分にあるものの、読書やもの思いに耽る

気持ちの余裕は全くありませんでした。

病院からスマートフォンで更新したブログにそんな弱気な言葉は載せませんでしたが、入院中盤はとてつもなく

落ち込んでおりました。

後半は退院の予感がしてきて、希望が心の力になって何とか過ごせた感じです。

外出許可を得て外出し、お客様にメールを送ったりして何かと忙しかったですね。

まだ通院は続きますが、ひとまず歩ける様になりました事を報告させていただきます。

ご迷惑をお掛けしたお客様に重ねてお詫び申し上げます。

また、励ましてくれたお客様、友人、同業者様に心より御礼申し上げます。



ブログ編集者





印璽 (大日本國璽)

入院の件ではご迷惑、ご心配をお掛け致しました。

退院し歩ける様になったのですが、体調が万全ではありませんので、今回も過去に紹介した画像で失礼します。

大日本國璽

今回は日本の国としてのハンコについてです。

上の画像中央の四角いものがそれですが、これは国璽(こくじ)と言います。

大日本國璽

右側が三文字、左側が二文字ですが、これを違和感なく納められるところが篆書体のいいところです。

内閣総理大臣之印

この勲章に捺されている(印刷)総理大臣の印鑑です。

こちらは印鑑と言いますが、日本の国のハンコは国璽、天皇のハンコは御璽(ぎょじ)と言います。

この勲章を発行した賞勲局長之印はこちら↓

賞勲局長之印

字典と印譜

お馴染み、明治時代の印譜からです。

明治印譜 印相体

今回は中段、右から三番目です。

明治印譜 印相体 篆書体

小判型の印鑑で、印文は田中です。

篆刻字典、印篆と印相体

こちらは東方書店さんの篆刻字典から「中」のページです。

「中」だけで4ページ以上あります。

篆刻字典、印篆と印相体


篆刻字典、印篆と印相体


先人が工夫して印や石碑に刻んだ文字がピックアップされています。

篆刻字典、印篆と印相体

「あんな形、こんな形」があり、見ているだけで楽しめます。

ここで毎度おなじみ昭和50年に発行された印章資料「印海」からの一文を紹介します。


開運印鑑、印相体、吉相体



「篆書には中国4千年の歴史があり、字典に基づいたもので、勝手な崩し方ではない」

字典が全てではありませんが、昭和50年当時に現在の印章文字の乱れを予測した名文です。

「勝手な崩し方ではない」・・・?

では、勝手な崩し方とは?

それは赤枠冒頭にある印相体(印海では印相印と表現)の事です。

印鑑(印章)を注文しようと検討されている方は、赤枠内の文章を一言一句逃さずお読み下さい。

尚、赤枠のすぐ上の言葉も印章を考える上で大変重要な言葉が書かれております。

ちなみに、印相体が載っている字典は(きちんとした出版社の本としては)存在しません。

話は戻って上の小判型印鑑ですが、一般的な小判型である「38小判」(サンパチ小判=3.8分小判)よりかなり大きな印鑑です。




ブログ編集者

印鑑簿

定期的に掲載している印鑑簿です。

この印鑑簿には印相体はありません

他の印譜は順不同に掲載しているので、ブログで紹介済の印影と未紹介との記憶が曖昧になってしまっておりますが

この印鑑簿は付箋でしるしを付けておりますので、今のところ順番通りで重複もしていないと思います。

印相体の無い印鑑簿

失礼ながらご存命の方はほぼ居ないと思われますが、印影、住所、氏名の三点が記載されている為、一部モザイクとさせて

いただきました。

印相体の無い印鑑簿

日常的に筆を使っていた時代は、達筆の人が多いですね。

印相体の無い印鑑簿

向かって右から。

中輪(太枠)細篆書体の印鑑ですが、きちんと捺されていないのが残念です。

印相体の無い印鑑簿

こちらもきちんと捺されなかったので捺し直ししてありますね。

どっしりとした太枠です。

印相体の無い印鑑簿

これは親子二重枠で恐らく龍紋が彫られている印鑑です。

印材は想像するしかありませんが、この形からして水晶の可能性もあります。

手彫りの親子二重枠+龍紋で、印材が水晶だとしたら、驚異的な手彫りの技術です。

印相体の無い印鑑簿

こちらも親子二重枠ですね。

「田」という篆書体は今はほとんど使われないタイプ(崩し)です。

印相体の無い印鑑簿

太枠+古文調の素晴らしい印鑑です。

印相体の無い印鑑簿

太枠+細篆書体の場合は枠から文字を離す(枠の内側に字配り)場合が多いのですが、これは印面いっぱいに文字を

広げた作風ですね。

印相体が創作される前の印鑑はいいものが多いですね。


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR