FC2ブログ

明治時代の手彫り印鑑


明治時代中期の印譜からです。

明治時代の手彫り印鑑

この印譜は私のお気に入りの印影尽くしですので、出来れば一つひとつ紹介したいものです。

明治時代の手彫り印鑑 二重枠 角

角印ですが、印文を見ますと個人用ですね。

今では少ないですが、明治時代は(丸型に比べ少ないものの)意外とありました。

素晴らしい親子二重枠+細篆書体ですね。

明治時代の手彫り印鑑 二重枠 角

写真は大きく写っていますが、横幅4分(12ミリ)の小さな印鑑です。

定規の目盛りと比べてみればわかりますが、文字の線は1ミリ以下のミクロの世界です。

明治時代の職人の技量に圧倒されます。

明治時代の手彫り印鑑 親子二重枠 

「出来れば一つひとつ紹介したい」と書きましたが、印影が接近していて写ってしまったので、右側も紹介させていただきます。

「写ってしまった」 とは印影に失礼ですが、素晴らしい印影はいくつ紹介してもいいものですので、こちらもピックアップ。

明治時代の手彫り印鑑 親子二重枠 

こちらも親子二重枠+細篆書体の素晴らしい印鑑で、これで太さは10.5ミリ。

明治職人の精巧な技術に頭が下がります。

(今でも密刻という細かい手彫りはありますが、普通のご注文品として彫る職人さんは稀だと思います)

明治時代の手彫り印鑑 雷紋

「一つ紹介すれば、また一つ・・・」

こちら(右側)も素晴らしい雷紋の実印ですね。   

「一印影ずつの紹介」 と勿体ぶりたかったのですが、そうはいかず3印影の紹介させていただきました。

下の朱白混合印影は、ずっと前に紹介した気がしますので、本日はここまでで、続きはまたの機会で。


ブログ編集者




手彫り印鑑の彫刻工程写真

実際にご注文いただきました手彫り印鑑の彫刻工程写真です。

まずは、写真の仕様をご承諾下さったお客様へ心より御礼申し上げます。

手彫り印鑑の字入れ

印面を整えた後、逆さ文字の手書きから始まります。

(紙に手書きしたものを転写する方法も手彫り印鑑の定義として正式に認められているので、当店では転写する場合もあります)

手彫り印鑑の字入れ

意外と思われるかも知れませんが、左右対称の文字は非対称と比べまして難易度が上がります。

ちょっとでも非対称な部分があると、すぐにわかるからです。

手彫り印鑑の字入れ

墨で書き、朱墨で修正しながら文字を書いていきます。

手彫り印鑑の荒彫り

そして凹凸を出す荒彫りですが、基本は枠どりからとなります。

手彫り印鑑の荒彫り

黒水牛の手彫りは、写真で見ますと荒彫り質感がよくわかると思います。

これが手彫り印鑑の醍醐味です。

手彫り印鑑の荒彫り

彫刻台(篆刻台)の角度を変えながら丁寧に荒彫りを進めます。

手彫り印鑑の荒彫り

黒水牛はその名の通り素材が黒いので、彫り進めると墨で書いた部分との見分けが付きにくい印材です。

このままでは彫りづらいので、一旦朱墨を塗って文字が良く見える様にして、最終工程の「仕上げ」へ。

手彫り印鑑の荒彫り


手彫り印鑑を注文する場合は、必ず彫刻工程写真の撮影を依頼しましょう。

詳しくはこちら




 手彫り印鑑の注文をご検討のお客様へ  (免責事項) 

 当店では手彫り印鑑をご注文いただきました全てのお客様へ、彫刻途中の写真を差し上げております。

 ホームページ上で紹介している写真は、写りが良いものを選んだ上でお客様のご承諾をいただき掲載

 しているものです。

 写真は素人撮影ですので、写り具合の悪い場合やデータの損失、またはうっかり撮り忘れも有り得ます。

 (写真を差し上げるサービスを行ってから撮り忘れは一度もありません)

 これらの理由により写真を差し上げられない場合でも、間違い無く手彫りを行っております。

 その為、写りの悪い場合や、写真そのものが差し上げられない場合でも、返金等は出来ません事を

 ご理解下さいませ。

 (写真の写りの悪さ、及び差し上げられない場合差し上げられない事は免責とさせていただいております)

 尚、当店の 彫刻方法は「手彫り」と「手仕上げ」の彫刻方法でお承りさせていただいておりますが

 写真サービスは手彫り印鑑のみとなります。






はんこの印善

明治時代の銀行印

いつも似たタイトルですので、今回は多少変えてみました。

銀行印と言っても預金通帳用の印鑑(印章)ではなく、銀行自体の印鑑(印章)です。

手彫り印鑑

今回は右ページ上段から角印を。

手彫り印鑑

太枠(中輪)に小篆風の細篆書体が美しいですね。  (小篆とはいえない崩しがあるので小篆風と表現します)

近くで見るのもいいですが、是非パソコンの画面から思い切り離れて(遠くから)ご覧下さいませ。

ハンコの味わいが良くわかるかと思います。

インターネットで銀行名を検索すると(統廃合等で)今は既に無い銀行のようです。

今回の印影はここまでで、以前ボツにした写真を。

ここは私が週末に癒しに為によく行く場所です。

瓦

この辺りは秋がいい季節だと思います。

虫も少なくなっていますし、雑草も刈られて宝物を見つけるには絶好の季節です。

遺跡

誰かが撮影用に置いたかのような写真ですが、やらせではありません。

遺跡

そこらじゅうに古代からの物と思われる破片がゴロゴロ転がっております。

遺跡


遺跡


ブログ編集者







明治時代の公印

相変わらず明治時代の印譜からです。

明治時代の手彫り印鑑

タイトル「明治時代の公印」とは異なりますが、まずはこちら。

明治時代の手彫り印鑑

明治時代の印影ですので、今は(失礼ながら)ご存命ではないかとは思いますが、住所も一緒なので一部モザイクにしました。

ゴム印ではありません。

何に使った印章なのでしょうかね。

明治時代の手彫り印鑑

この印譜には公印と思われる印影も沢山あります。

明治時代の手彫り印鑑

明治時代の手彫り印鑑

明治時代の手彫り印鑑

日本銀行の印章もありました。

今はまずゴム印だと思いますが、こお頃は印章で作成したものも多くあった様です。


ブログ編集者

--------------------------------------------------

ゴールデンウィークも遠出はしなかったので、過去のボツ写真から。

鶴岡八幡宮

先日行った鶴岡八幡宮です。

その場で文字を書いてくれる出店もありました。

鶴岡八幡宮

有名な鳩文字の扁額ですね。

何度見てもいいものです。

鶴岡八幡宮

隠れていた公暁により源実朝が殺害されたとされる有名な銀杏の木ですが、何年か前に倒壊してしまったのは、

皆様ニュース等でご存じだと思います。

倒壊前の銀杏を何度か見た事あるだけに残念でなりません。


鶴岡八幡宮 舞殿

銀杏の木のすぐ近くにある舞殿では、華やかな結婚式が行われていました。

約800年前に実朝が殺害された場所も、今は平和な光景が見られます。


手彫り印鑑

印鑑簿

何回目かの紹介になる印鑑簿です。

手彫り印鑑 印鑑簿

この分厚い帳簿は全て印鑑の記録です。

昔の庶民の印影が見られる貴重な資料です。

手彫り印鑑 印鑑簿

今回は順番でこちらを紹介させていただきます。

手彫り印鑑 印鑑簿

この時代の典型的な作風である中輪細篆書体です。

手彫り印鑑 印鑑簿

これは小判型ですが・・・

どうしてこんな斜めに押してしまったのでしょうか 。

真っすぐに押すのはなかなか難しいですが、やはりハンコはなるべく真っすぐに押しましょう。

印鑑をまっすぐに押すには上下のしるしが重要です。

手彫り印鑑 印鑑簿

こちらは楷書体。

手彫り印鑑 印鑑簿

そしてこちらは草書体。

江戸時代はほぼ全てが篆書体でしたが、明治以降庶民に印鑑が普及すると、印章基本六書体で作られました。

印章基本六書体とは、篆書体、隷書体、楷書体、行書体、草書体、古印体の六つです。

印相体は印章基本六書体には入りません。

(印相体が印章基本六書体に入らない理由はこちらの記事をお読みいただければわかるはずです)  

手彫り印鑑 印鑑簿

角印が目立ちますが、右上の実印は画数の多い文字と画数の少ない文字の組み合わせでも違和感が

生まれないよう工夫された字配りです。

手彫り印鑑 印鑑簿


手彫り印鑑 印鑑簿

達筆ですが、住所が書かれている為に一部モザイクにしました。

明治五年と生年月日が書かれています。  (書類の発行日ではありません)

江戸時代から明治になり、まさに文明開化のまっただ中という頃でしょうか。

「タイムスリップしてこの時代を覗いてみたい」など考えても当然無理ですが、こういう書類から当時を

想像してみるのもいいものだと思います。

ブログ編集者

手彫り印鑑

正真正銘の手彫り印鑑の彫刻工程です。

まずは写真掲載をご承諾下さったお客様に心より御礼申し上げます。

手彫り印鑑 字入れ

朱墨を塗った印面に字割具で目安の線(字割線)を入れ、それから手書きします。

(紙に書いた文字を転写する方法も「手彫り」の定義として認められており、当店でも転写する場合があります)

手彫り印鑑の字入れ

字割り線はあくまでも目安ですので、文字の形次第ではみ出ても問題ありません。


手彫り印鑑の字入れ

以前も書きましたが、左右対称部分は一見簡単そうに思えるかも知れませんが、非対象に比べて難易度が上です。

手彫り印鑑の荒彫り

毎回同じ説明ですが、荒彫りの基本は枠どりからとなります。

基本はいつも同じです。

手彫り印鑑の荒彫り

いい手彫り印鑑は、丁寧な荒彫りから生まれます。

文字が混み入っていない(広い部分は)土手を作らず丁寧に彫ります。

手彫り印鑑の荒彫り

最終工程の「仕上げ」がありますが、荒彫りでも丁寧に彫るのがいい印鑑の必須条件です。

手彫り印鑑の荒彫り


手彫り印鑑の荒彫り

篆刻台(彫刻台)を彫りやすい角度に変えて彫り進めます。

手彫り印鑑


最後は墨を塗り直して仕上げ工程です。

いい手彫り印鑑は全ての工程で丁寧な作業が必要です。

口での説明より写真で説明した方が伝わりますよね。

手彫り印鑑を注文する際は、必ず写真を撮ってもらいましょう。

詳しくはこちら



   手彫り印鑑の注文をご検討のお客様へ (免責事項)

 当店では手彫り印鑑をご注文いただきました全てのお客様へ、彫刻途中の写真を差し上げております。

 ホームページ上で紹介している写真は、写りが良いものを選んだ上でお客様のご承諾をいただき掲載

 しているものです。

 写真は素人撮影ですので、写り具合の悪い場合やデータの損失、またはうっかり撮り忘れも有り得ます。

 (写真を差し上げるサービスを行ってから撮り忘れは一度もありません)

 これらの理由により写真を差し上げられない場合でも、間違い無く手彫りを行っております。

 その為、写りの悪い場合や、写真そのものが差し上げられない場合でも、返金等は出来ません事を

 ご理解下さいませ。

 (写真の写りの悪さ、及び差し上げられない場合差し上げられない事は免責とさせていただいております)

 尚、当店の彫刻方法は「手彫り」と「手仕上げ」の彫刻方法でお承りさせていただいておりますが

 写真サービスは手彫り印鑑のみとなります。




ブログ編集者

箭弓稲荷神社 御朱印


埼玉県東松山市にある箭弓稲荷神社(やきゅういなりじんじゃ)の御朱印を彫らせていただきました。

箭弓稲荷神社 御朱印

これは現存する御朱印をもとに彫らせていただいたものです。

実はこの御朱印、今印章業界で話題騒然(?)のご朱印です。

お披露目は5月21日(土曜日)、場所はもちろん箭弓稲荷神社です。

箭弓稲荷神社 御朱印

お披露目は午後4時からでしたが、昼過ぎから観客やマスコミの皆さんで騒然となっておりました。



箭弓稲荷神社 御朱印

ゴールデンウィーク期間中既に印章は彫り終えており、この日は捺印のみとなりますが、そのメンバーはこちら。

もちろんこの五人のうちの一人が私です。

箭弓稲荷神社 御朱印

僭越ながらお客様のような待遇で大変恐縮です。

箭弓稲荷神社 御朱印

何と今回彫らせていただいた御朱印は、世界一大きな木製スタンプとして認定され、ギネスブックに載る事になったのです。

グーグルニュース又はYahooニュースで是非 「御朱印 ギネス」 で検索してみて下さい。

ここで説明の付け加えをしておかないと、手柄を一人占めした事になってしまいそうですので改めますと

箭弓稲荷神社の御鎮座1300年奉祝記念事業実行委員会さん(11人)が企画したものに、印章業界の北は北海道

南(西)は大阪から計36人の手彫り職人が集合し、みんなで力を合わせて彫った御朱印です。

表現を変えますと、御鎮座1300年奉祝記念事業実行委員会さんが「道なき道」を開拓する車に私達は載せていただいた

感じで、実行委員会さんの方々に、このビックプロジェクトに参加させていただいた事を心より感謝申し上げます。

実行委員さん達のご苦労は並大抵の事ではなかったはずですが、我々「はんこ職人」達も笑いあり涙ありの何日間かでした。

それにしても、一生に1回あるか無いかの「世界一の印章」を彫る貴重な経験をさせていただき、箭弓稲荷神社及び

実行委員さんの皆様には心より感謝申し上げます。


この御朱印には特別な思いがありますので、後日追伸記事を書かせていただきます。

ブログ編集者

箭弓稲荷神社 御朱印 ギネス記録

埼玉県東松山市にある箭弓稲荷神社の御朱印がギネス世界一と認定された話題が各地の新聞に載りました。

ギネス記録 箭弓稲荷神社の手彫り印鑑御朱印

当日のテレビ、各地の新聞、及びネットニュースで採りあげられております。

印章業界にとって誠に嬉しいニュースであるとともに、この壮大な事業に係る事が出来て本当に良かったです。

「はんこ職人」部門の中心者中原印房:中原様並びに全ての関係者の皆様に深く御礼申し上げます。

ギネス記録 箭弓稲荷神社の手彫り印鑑御朱印
(上の記事と同じ写真ですが、この写真は産経ニュースWEB版より)

「この中の一番いい男が私」 とか言ったら皆さまに怒られてしまうので、何番目かの「いい男」としておきましょう。

4人のうちのどれかが私です。

(当日朱の塗り作業に係わったのは5人です)


すみませんが、まだこの話題は続きます。


ブログ編集者

世界一への道のり(彫刻・捺印編) 

3回続けて同じ話題ですみません。

(今回は写真中心となります)

ギネス記録 箭弓稲荷神社の手彫り印鑑御朱印 印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

作成は埼玉県比企郡小川町です。

自然豊かないいところでしたので、もっといい撮影スポットが沢山あったはずですが、今回は観光ではありませんので

車内からはこれと下の一枚のみの撮影です。

ギネス記録 箭弓稲荷神社の手彫り印鑑御朱印 印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

すぐ近くには長屋門があり、御朱印を彫る雰囲気にぴったりです。

ギネス記録 箭弓稲荷神社の手彫り印鑑御朱印 印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

彫刻作業は箭弓神社ではなく印材を作成した木工所さんです。

長閑な自然に囲まれたいいところでした。

ギネス記録 箭弓稲荷神社の手彫り印鑑御朱印 印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

印章の重さは何と420キロ、材質は埼玉県の県木である欅(けやき)。

とにかく大きい印材なので、世界一大きな印材を彫る喜びと、実際に押せるのか、きちんと印影は出るのかなど、

期待と不安が入り混じる中での作業でしたが、一たび作業に入ってしまえば目標に向かって走るのみ。

普段は挨拶のみの方も含め、8~9割の方とは面識がありましたが、初対面の方も「手彫り(印章)職人」

という共通点があり、まるで何年も前から知りあいだったかの様に自然と和が生まれました。

ギネス記録 箭弓稲荷神社の手彫り印鑑御朱印 印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

ギネス記録更新条件の一つは「現在使用している印章を忠実に再現したもの」という事で、図面をもとに忠実に作成された

印材です。

ギネス記録 箭弓稲荷神社の手彫り印鑑御朱印 印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

これぞ我々の本領を発揮する場所・印章の手彫りです。

写真だとこれで十分に見えるかも知れませんが、まだまだ彫る必要があります。

ギネス記録 箭弓稲荷神社の手彫り印鑑御朱印 印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

こんな感じで彫り進めていきます。

ギネス記録 箭弓稲荷神社の手彫り印鑑御朱印 印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

彫りの深さもギネスの規定に沿って厳密に計測される為、浅過ぎても深過ぎてもいけません。

ギネス記録 箭弓稲荷神社の手彫り印鑑御朱印 印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

そして、その日の作業が終わりましたら印材に油を塗ってヒビ割れを防ぎますが、誰もが未経験の事、

夕方と翌朝では印材の大きさが僅かに変わっているので、あらゆる可能性を想定して進めます。

ギネス記録 箭弓稲荷神社の手彫り印鑑御朱印 印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

写真は一度捺印したものですが、印材の膨らみや傷を入念に確認し、仕上げていきます。

ギネス記録の御朱印 箭弓稲荷神社の手彫り印鑑 印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

神社でのお披露目や試しでローラーも使いましたが、基本は手で朱肉を塗り込みます。

ギネス記録の御朱印 箭弓稲荷神社の手彫り印鑑 印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

420キロをとても人の手で持つ事は出来ないので、この様な機械で一旦持ちあげます。

そのままペタンと押せそうな雰囲気ですが、

・そのままだと機械が紙を踏んでしまう。  (紙は余白も含め印面より大きい為)

・微調整が必要な為 (きちんと押すにはアバウトではいけません)

簡単に説明しますと

①印面に朱を付ける (この時印面は天井を向いています)

②上の機械で印面を下にして、一旦馬(二本の棒)の上に降ろす。 (仮置き)

③別の機械(クレーン)で吊りあげる。

④馬に降ろした際にとれてしまった部分の朱を下から塗り直しする。

⑤クレーンで慎重に降ろして捺印

という手順です。

ギネス記録の御朱印 箭弓稲荷神社の手彫り印鑑 印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

これ↑はちょうど②のところです。  

左の二本の棒が印章を仮置きする馬です。

下は仮置きが済んだところですが、女性2名は呑気に記念写真を撮っているのではありません。

ギネス用に作業の様子は全工程常に動画で撮っており、写真も大量に撮影する必要があるからです。

呑気に記念写真を撮っているのは、この私ですね。

ギネス記録の御朱印 箭弓稲荷神社の手彫り印鑑 印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

ギネス記録の御朱印 箭弓稲荷神社の手彫り印鑑 印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

測量は内輪の人間ではなく、ギネス側が指定した業者さんで、全ての工程でギネス側の立会人さんが終始確認しております。

箭弓稲荷神社の手彫り印鑑(ギネス記録の世界一大きな御朱印)  印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

印章の中央(縦)と印面部分(横)に赤い線が入っておりますが、これはレーザー墨出し器によるものです。

1回捺印するのに最低1時間は掛かりますし、大量の朱肉も使うので捺印は厳密に且つ慎重に行いました。

箭弓稲荷神社の手彫り印鑑(ギネス記録の世界一大きな御朱印)  印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

印材だけで420キロありますが、均等の重さだけでなく、一辺ずつ力(重さ)を加えてより良い印影を出します。

「御朱印の上に乗るなんて不謹慎だ」 とお叱りをいただいてしまうかも知れませんが、まだ奉納前の印章ですので

問題ありません。(多分)

何度も試し押しを繰り返しましたが、一度に8人位乗って押した事もありました。

箭弓稲荷神社の手彫り印鑑(ギネス記録の世界一大きな御朱印)  印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

木目が美しいと思いませんか?

普通の印章ではこの様に木目が見える事はまずありません。

巨大印章ならではの木目ですね。

----------------------------------------------------------

さて、ところ変わってここからはお披露目当日です。

埼玉県東松山市(東松山駅至近) 箭弓稲荷神社です。

箭弓稲荷神社の手彫り印鑑(ギネス記録の世界一大きな御朱印)  印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

予想はされていましたが、続々と人が集まってきました。

写真からではわかりづらいですが、(中央の電柱の下) DJポリス用のボックス(?)↑も準備されています。

箭弓稲荷神社の手彫り印鑑(ギネス記録の世界一大きな御朱印)  印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

地元の人たちによる太鼓の演奏から始まり、女子高生による書道パフォーマンスです。

タイトルからして「パフォーマンス」でしたので期待はしておりませんでしたが、「現代アート風の善し悪しが不明な書」

ではなく、正統派の行書体、草書体で実に達筆で驚きました。

箭弓稲荷神社の手彫り印鑑 ギネス記録・世界一大きな木製スタンプ(御朱印)  印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

いよいよ我々の出番です。

(後ろ姿の写真は私ではありません。)

箭弓稲荷神社の手彫り印鑑 ギネス記録・世界一大きな木製スタンプ(御朱印)  印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

印面に朱を塗る光景は一つ前の記事に載せたので省略し、これは②の工程で馬に降ろす前です。

印面が観客側を向くと、どよめきが起き、自然と胸が高鳴ります。

箭弓稲荷神社の手彫り印鑑 ギネス記録・世界一大きな木製スタンプ(御朱印)  印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

これは工程④の後、印面にきちんと朱が付いているかの確認です。

箭弓稲荷神社の手彫り印鑑 ギネス記録・世界一大きな木製スタンプ(御朱印)  印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

いよいよ捺印です。

普通なら捺印もしてこそはんこ職人と言うはずですが、ここは重機の操作に慣れている専門家に任せます。

箭弓稲荷神社の手彫り印鑑 ギネス記録・世界一大きな木製スタンプ(御朱印)  印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

捺印成功です。

1回最低1時間は掛かる捺印(練習)を何度も繰り返した甲斐があり、今までにないスピードで最高の印影がとれました。

箭弓稲荷神社の手彫り印鑑 ギネス記録・世界一大きな木製スタンプ(御朱印)  印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

ギネス社の鑑定人さんの前で慎重に計測する測量士さん。

捺印が成功しても、サイズが忠実でなければ記録更新にはなりませんので、一同固唾を飲んで見守ります。

箭弓稲荷神社の手彫り印鑑 ギネス記録・世界一大きな木製スタンプ(御朱印)  印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

めでたくギネスの記録更新が認められました。

彫刻した木工所で立会人のもと計測してありましたが、事前に内定の様な知らせは無く、当日改めて計測し

この瞬間までギネス記録の更新が認められるかは誰もわかりませんでした。

箭弓稲荷神社の手彫り印鑑 ギネス記録・世界一大きな木製スタンプ(御朱印)  印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

喜びの瞬間です。

箭弓稲荷神社の手彫り印鑑 ギネス記録・世界一大きな木製スタンプ(御朱印)  印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

左から実行委員団長と箭弓稲荷神社宮司、ギネス鑑定人です。

箭弓稲荷神社の手彫り印鑑 ギネス記録・世界一大きな木製スタンプ(御朱印)  印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

これが原型の御朱印です。

箭弓稲荷神社の手彫り印鑑 ギネス記録・世界一大きな木製スタンプ(御朱印)  印相体吉相体で印鑑を作るのはやめましょう

ここで改めて。

(2つ前の記事と重複しますが)

私達「はんこ職人」35人(中原さんを含まず)は、この事業を計画・実施した実行委員さん達が「道なき道」を

開拓する車(比喩です)に乗せていただいたに過ぎません。

そして、この記事では私が偉そうに解説してしまいましたが、これは全て中原さん(埼玉県・中原印房さん)の描いた

シナリオを実行したに過ぎません。

この事業に参加する前までは、正直言いましてギネスにはあまり興味ありませんでした。

でも、この御朱印で考え方が全く変わりましたね。

何より 「本物の世界一の御朱印を彫らせていただいた感動」 が一番の要因です。

「彫った人にしかわからない感動」 「捺印した人にしかわからない感動」

これは「はんこ職人」のみならず、印材を作成した職人さん、クレーンで吊り上げた職人さん達も恐らく同様だと思います。

朱肉を提供してくれた朱肉メーカーさん(現地まで居らっしゃいました)や、気付けば取材のマスコミさんも朱肉をペタペタと

お手伝い(笑)

休憩時間には朱肉についての話や(普段の仕事の)手彫りの方法についての情報交換など・・・

この大きな御朱印で得られたものも非常に大きなものでした。



ギネス社から提示された条件は、それはそれは厳しいものだったそうです。

それを「世界一の御朱印を作る」という目標に向かって努力した実行委員さん達は、並大抵の苦労ではなかったはずです。

そんな中、お客様の様な待遇で我々を受け入れてくれた方々に心より感謝、御礼申し上げます。

感動し過ぎ?

いいじゃないですか~ 一生に一度あるか無いかの事なんですから。

★一部に漫画家ひのもとめぐる様撮影の写真を使用させていただきました(ご本人様からは承諾をいただいております)

★このブログに写真アップNGな関係者様が居らっしゃったら、お手数ですが個別にご連絡下さい。  (そっと削除します)


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR